医学講座

第81回日本形成外科学会北海道地方会②

 第81回日本形成外科学会北海道地方会。
 今回の学会の最後の発表が、
 蘇春堂形成外科_野平久仁彦先生でした。
 野平先生は、
 北大形成外科の2期先輩です。
 手術が上手な先生です。
      ■         ■
 野平先生のご発表は、
 眼瞼下垂症手術後の変形修正
 他院で眼瞼下垂症手術を受けて、
 その後に変形となり、
 野平先生が修正した症例です。
 難しい症例がたくさんあり、
 みごとに治していらっしゃいました。
      ■         ■
 形成外科では、
 よく病名に変形という言葉を使います。
 英語のdeformityという言葉の訳です。
 日本形成外科学会用語集にもあります。
 一般的な変形というと…
 空き缶がつぶれたような形を連想します。
 そこまでひどくない程度でも、
 形成外科では変形と呼びます。
      ■         ■
 野平先生によると、
 形成外科・美容外科以外にも、
 眼科や脳外科で、
 眼瞼下垂症手術を受けて、
 その後で、形成外科を受診する方がいらっしゃいます。
 専門医が手術した後ほど…
 修正が難しいものです。
      ■         ■
 眼瞼下垂症講座⑬【再手術】
 …という2010年5月15日の院長日記に書いてあります。
 今回の野平先生のご発表は、
 主に眼科で、
 眼瞼下垂症手術を受けた後の修正でした。
 私も経験しています。
 眼科の先生は、
 睫毛のすぐ上を切られます。
 形成外科と違うところです。
      ■         ■
 中には、
 睫毛の毛根まで切られていて…
 睫毛が部分的に無くなっていた例もありました。
 確かに…
 眼科は目の専門家です。
 ただ…
 眼瞼下垂手術体験記_④(危険なクリニック)
 のような眼科医もいます。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は難しい手術です。
 私が手術をさせていただいても…
 100%満足な結果とは限りません。
 予想以上に腫れが続くこともあります。
 予想しなかった左右差が出ることもあります。
 毎日、考えながら…
 反省しながら手術をしています。
 簡単な手術だと思っている方は、
 よく考えて受けてください。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ