医学講座

わき汗対策の季節

 新聞で女性週刊誌の広告を見ました。
 わき汗が見苦しいという、
 とてもお気の毒な文が目に入りました。
 女優さんでも、
 女子アナさんでも、
 どんな美人でも、
 わき汗は隠せません。
      ■         ■
 美容外科医として…
 ボトックス注射をすればいいのになぁ~
 …と思いました。
 多汗症は手術をしても…
 汗をゼロにすることはできません。
 交感神経という、
 神経の働きで汗が出るためです。
 手術をしても神経は再生します
 吸引法で手術をした方など、
 100%汗が出てきます。
      ■         ■
 ワキガと多汗症は別の病気です
 両方を合併するする人もいます。
 ワキガに比べると、
 多汗症の手術治療は難しいです
 手術で治すのが難しい多汗症には、
 ボトックスという特効薬があります。
 保険は効きませんが、
 効果ばっちり効きます
 毎年6月に受けられる、
 リピーターの方がとても多い治療です。
      ■         ■
 夏にはじめて白い服を着れました
 毎年受けています…
 とても快適です
 服を選ばなくてもよくなりました
 たくさんのお喜びの声をお聞きします。
 6月にボトックス注射を受けると…
 一番汗が気になる…
 6月7月8月が快適に過ごせます。
      ■         ■
 今年は節電対策で、
 冷房が弱くなります。
 がまんしなくてはなりませんが、
 そんな時に限って無情の汗が出ます。
 仕事中に制服を着替える時間もありません。
 信頼できる美容外科で、
 しっかりと治療を受けてください。
 週刊誌に書かれていた女性に、
 教えてあげたいです。

ボトックスの作用と仕組み
これがワキボトックスの仕組みです
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ