医学講座

中村純次先生の想い出

 私たちの年代の形成外科医にとって、
 日本形成外科学会社会保険委員会と、
 中村純次先生のお名前は、
 忘れることができない記憶です。
 毎年春の日本形成外科学会で、
 中村純次先生のお話しがありました。
      ■         ■
 中村先生は、
 東京慈恵医大のご出身で、
 東京厚生年金病院で形成外科を担当されました。
 日本形成外科学会の重鎮でした。
 昔は…
 保険で治してあげたいのに…
 保険適応にならない病気がありました。
      ■         ■
 2008年6月30日の院長日記、
 山形大学の事件⑥に書いてあります。
 生まれつき、
 耳がない子どもさんがいます。
 今は、保険適応になっていますが、
 昔は耳をつくる手術が
 保険適応になりませんでした。
 昭和50年の毎日新聞社会欄に
 「ボク、左耳がほしい。健保なぜきかないの?」
 という記事が出ました。
 耳がない病気の子どもさんが、
 当時の田中厚生大臣に手紙を書きました。
      ■         ■
 その翌日に、
 「左耳、手術できるよ」と、
 田中厚生大臣が健康保険の適応を認め、
 それが毎日新聞の記事になっています。
 このことを書かれたのは
 日本形成外科学会で、
 長い間、社会保険委員をなさった、
 東京厚生年金病院の故中村純次先生でした。
 中村先生が、
 1982年に
 日本形成外科学会25周年記念誌に書かれました。
      ■         ■
 キレイなるために
 鼻を高くする、
 おっぱいを大きくする、
 これはもちろん美容外科の手術です。
 保険はききません。
 不慮の事故や
 熱傷で
 キズができてつっぱっている、
 そのキズを少しでもよくしたい。
 これは形成外科の手術です。
 形成外科では保険診療で手術をしています。
      ■         ■
 私たちの先輩にあたる形成外科医が
 長い年月をかけて保険適応にしてきた、
 ‘形成外科戦いの歴史’があります。
 今では、
 乳癌手術で無くなった乳房を再建するのに、
 健康保険が使えます。
 誰も不思議には思いません。
 10年前は保険適応ではありませんでした。
      ■         ■
 厚生労働省と折衝して、
 形成外科の必要性や有用性を説明し、
 長い年月をかけて…
 保険適応を拡大してくださったのが、
 故中村純次先生でした。
 毎年春の学術集会では、
 私たちに保険診療のしくみやルールを、
 懇切丁寧に指導してくださいました。
 形成外科の保険診療を発展させて下さった業績は、
 日本形成外科学会にとっては、
 勲一等以上の偉業だと思っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ