医学講座

婦人科よりも美容形成外科で!

 形成外科や美容外科が無かった時代、
 小陰唇縮小手術は婦人科の先生がしていました。
 今でも婦人科で手術をするところがあると思います。
 正直に申し上げて…
 小陰唇縮小手術は、
 形成外科の技術が生かせます。
 私は美容外科もやっている、
 形成外科専門医で、
 症例数が多い先生をおすすめします。
      ■         ■
 私は形成外科医として、
 婦人科の先生と外陰癌の手術を多くしました。
 乳房外Paget病という癌があります。
 外陰部にできる悪性腫瘍です。
 男性にも…
 女性にもできます。
 この手術も形成外科でたくさんしました。
      ■         ■
 美容形成外科を開業してみると、
 性器のことで悩む人が多いことに気付きます。
 女性も、
 男性も、
 真面目な人が多いです。
 ほんとうに困っていらっしゃいます。
      ■         ■
 昔、婦人科で小陰唇縮小手術を受けたのに…
 悲惨な結果になっている人も診ます。
 特に、
 いわゆるクリトリス包茎といわれる、
 クリトリスの包皮が余っていて、
 小陰唇と連続している人の手術が難しいです。
 病気?と思う形態の人もいます。
      ■         ■
 クリトリス周囲の…
 とても小さな範囲を…
 細かく切って…
 縫って…
 精巧に仕上げるのは難しいです。
 特に一度手術を受けている方の…
 修正は難しいです。
      ■         ■
 形成外科の技術が生かせます。
 クリトリスの包皮は薄く、
 顔を縫うような細いナイロン糸で丁寧に縫います。
 時には、
 Z形成術(ぜっとけいせいじゅつ)や、
 三角弁(さんかくべん)といった、
 形成外科の手技で治します。
 芸術祭参加作品です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では、
 クリトリス包茎を手術しても、
 追加料金なしです。
 一回だけですが、
 無料の脱毛もサービスで実施しています。
 肛門の周囲まで…
 丁寧に脱毛しています。
 性器で悩んでいる女性には、
 是非、手術を受けていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ