医学講座

第23回北大形成外科アカデミー

 昨日(2011年12月10日土曜日)、
 京王プラザホテル札幌で、
 第23回北大形成外科アカデミーが開催されました。
 北大形成外科の教室員と、
 OBの同門会員が対象の勉強会です。
 とても勉強になりました。
      ■         ■
 12月のアカデミーは、
 Session1教育研修施設レポート
 ・市立札幌病院(川嶋邦裕先生)
 ・北海道がんセンター(皆川英彦先生)
 ・福井大学(安田聖人先生)
 Session2院生研究発表
 ・大芦孝平先生(大学院4年)
 悪性黒色腫の転移経路に関する動物実験:リンパ行性転移と血行性転移の関連について
 ・村尾尚規先生(大学院3年)
 ケロイド線維芽細胞におけるHGF(Hepatocyte Growth Factor)のTGF-β拮抗作用についての検証
 ・蕨雄大先生(大学院3年)
 顔面神経麻痺による神経信号入力変化をRNAで捉える~顔面表情筋mRNA発現の定量的評価~
 ・池田正起先生(大学院2年)
 ケロイド治療への新たな視点~皮膚に対する抗線維化薬の応用~
 ・山尾健先生(大学院2年)
 ヒアルロン酸修飾インターフェロンβ徐放剤の開発
 ・皆川知広先生(大学院1年)
 唇顎口蓋裂治療における再生医療~機能性scaffoldを応用した顎裂再建~
 Session3特別セミナー
 〈PartⅠ〉古川洋志先生
 ・マイクロサージャリーへの道~ビギナーの私と今の私
 ・脈管の可視化技術の進歩:ICG&PDEによるinnovation
 〈PartⅡ〉小山明彦先生
 ・われわれの小耳症治療:よりリアルな耳介をめざして
 ・北海道におけるcranio-surgeryの現状:北大Cranio-Facial Unit設立
      ■         ■
 情報通信と美容医学の進歩
 残念なことに…
 携帯端末やスマホ、
 iPhone、iPod、iPadほど進歩していません。
 …と書きましたが…
 医学の分野でも研究は進んでいます。
 私の勉強不足でした。
 訂正します。
      ■         ■
 北大形成外科では、
 ・悪性黒色腫の転移に関する研究
 ・ケロイドの研究
 ・顔面神経麻痺の研究
 ・再生医療を用いた唇顎口蓋裂治療
 など形成外科の最先端を研究しています。
      ■         ■
 将来は、
 今の治療法が変わるほど進歩すると思います。
 医学研究は、
 実用化までに時間がかかりますが…
 治らなかった病気でも…
 着実に進歩しています。
 地道に研究を続けている若い先生に、
 ぜひがんばっていただきたいと思いました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ