二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂の再発④

 昨日の院長日記に…
 眼瞼挙筋という筋肉は…
 ぎょうざの皮のように薄いと書きました。
 実際はぎょうざの皮より…
 もっと薄いのです。
 その薄い皮は破れやすく…
 目尻側と目頭側で厚さも違います。
      ■         ■
 どこをどんなふうに…
 糸で引っぱって固定するかが…
 とても難しいところです。
 目頭側がうまく上がらず…
 黒目の目頭側だけ隠れる人もいます。
 そんな人を丸い目にするのは…
 ほんとうに難しいと思います。
      ■         ■
 両目をそろえるために… 
 丸い目にするために…
 手術中に確認します。
 一度でうまくいく人もいれば…
 何回も調節が必要な人もいます。
 絶対に手術ロボットではできません。
      ■         ■
 しっかり固定するには…
 丈夫な糸を使って
 糸の本数を増やせばできます。
 しかし…
 まぶたの中に糸を何本も入れると…
 ごろごろ感異物感が出ます。
 ぎょうざの皮の筋肉を…
 糸で固定する部位は…
 瞼板(けんばん)という組織です。
      ■         ■
 手術中に見ると…
 筋肉は
 瞼板(けんばん)は白く見えます。
 この瞼板(けんばん)は、
 黒目に接しています。
 瞼板(けんばん)法という埋没法は、
 この瞼板(けんばん)に直接糸を通すので、
 角膜傷害を起こすことがあります。
      ■         ■
 私たちが悩むのは…
 しっかり固定はしたいが…
 瞼板(けんばん)を変形させたり…
 瞼板(けんばん)に障害を起こすことは…
 いくら眼瞼下垂症手術だからといっても…
 絶対に避けたいからです。
      ■         ■
 再発したと…
 来院された方の再手術をすると…
 ほぼ100%瞼板(けんばん)に固定した糸が外れています。
 つまり…
 ここがしっかり固定される前に…
 何らかの原因で瞼板(けんばん)と筋肉が外れてしまったのです。
 開業してから8年間…
 いろいろ工夫を重ねていますが…
 ここのところが一番難しく苦労しています


目の構造と瞼板(けんばん)
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ