院長の休日

いい夫婦の次の日2012

 平成24年11月23日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 数字の1が二つ並んで、「いい」と語呂合わせができる11月は「いい○○の日」がいくつかある。解散後の騒がしさに忘れていたが、きのうは「いい夫婦の日」だった。だが、熟年離婚やら物騒な言葉が胸に浮かんで、首筋が寒くなる日だとこぼす同僚もいた。人はさまざまだ。
 ▼本紙歌壇の投稿歌から、選外ながらユーモアたっぷりの秀作を紹介する「朝日歌壇番外地」に、以前こんな一首があった。〈相手選ぶ眼(め)の有るわれと無き妻の結果が出た五十年目の春〉久保小八。おとぼけとおのろけ。ごちそうさま、と言いたくなる。
 ▼一般論だが、夫婦の暮らしは夫の側にいささかの「負い目」があるようだ。40代以上に聞いたあるアンケートによれば、「将来配偶者を介護したい」と答えたのは女性36%に対し、男性は55%と多かった。
 ▼数字は色々に解釈できようが、男の「罪滅ぼし」の意識もまじる気がする。そして、「有料老人ホームに入るなら同じ部屋に入りたい」は男性82%なのに、女性は66%。これは首筋がちょっと寒い。
 ▼虚実は分からないのだが、作家の花田清輝(きよてる)が一文を残している。パリの墓地に二つのお墓が並んでいて、先にできた墓にはこう書いてあるそうだ。「ジャック・ジュラン――お前を待ってるよ!」。
 ▼横の墓にはこう書いてある。「ジャクリーヌ・ジュラン――はい、まいりましたよ!」。ひるがえって昨今は、夫と一緒の墓をいやがる奥さんも多いそうだ。すきま風の手当ては、早め、こまめが肝要になる。
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 どこのお宅も大変そうです。
 私の知り合いの新聞記者の奥さんは…
 ご主人の帰宅が…
 深夜になったり…
 帰って来なかったり…
 いつ過労死しても不思議ではないので…
 こまめに…
 ご主人の帰宅時間を手帳につけていらっしゃるそうです。
      ■         ■
 私は自分の奥さんを介護します。
 ただ、介護のプロにお願いして…
 その方といっしょにします。
 介護はそんなに簡単ではありません。
 私の介護も…
 プロの方にお願いします。
 奥さん一人に任せると文句を言いそうです
      ■         ■
 もちろん奥さんには…
 私の介護を手伝ってもらいます。
 老々介護になったら…
 もちろんプロにお願いします。
 願わくば…
 他人にあまり迷惑をかけたくありません。
 汚くなって死ぬのもいやです
      ■         ■
 有料老人ホームに入れるか…?
 今のところわかりません。
 私は同じ部屋で結構です。
 ただ、できれば狭くても…
 自分専用の小部屋も欲しいです。
 一人静かに本を読む部屋がいいです。
 ちょっと贅沢です。
      ■         ■
 うちの奥さんが、
 私といっしょの…
 本間家の墓をいやがるか…?
 本人に聞いていないのでわかりません。
 今さら実家の墓(神戸)にも入れないので…
 いっしょの墓に入ると思います。
 仲のいい夫婦は難しいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ