医学講座

フィブラスト常備薬は無理

 昨日の院長日記、
 フィブラストスプレーの作用機序
 …にさくらんぼさんからコメントをいただきました
 やけどして
 すぐスプレーを使うといいということは
 家庭に常備できる物なんですか? 
 子供がいるんでスプレー下さいで
 皮膚科などで処方してくれますか?

      ■         ■
 確かに、
 富山の置き薬のように、
 家庭に常備薬としてあれば、
 理想的ですね。
 残念なことですが、
 医療機関ですら、
 常備薬は難しいです
      ■         ■
 フィブラストスプレーは、
 1本一万円近くします。
 有効期限もあります。
 いつ来るかわからない患者さんのために、
 高価な薬を常備しておくことは、
 ふつうの医療機関では無理です。
 病院が赤字になってしまいます。
      ■         ■
 もう一つ困ることは、
 フィブラストスプレーが小児熱傷に効くことはわかっているのに…
 正式に国(厚生労働省)の認可を受けていないことです。

 添付文書には、
 効能・効果
 褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)
 【使用上の注意
 5.小児等への投与
 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

 …と明記されています。
      ■         ■
 フィブラストスプレーが小児熱傷に効くことは、
 熱傷専門医の常識になっています。
 皮膚血流を調べた論文も出ています。
 それなのに、
 まだ国の承認が得られていません。
 正式には、
 小児のやけどにすぐ使うのは適応外です。
      ■         ■
 一刻を争うのがやけど治療です。
 痕が残ってからでは遅いのです。
 添付文書には、
 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
 …と書かれていますが、
 もう10年以上使われています。
 早く正式に使えるようになって欲しいです
 フィブラストスプレーは、
 大きな病院の形成外科には常備していると思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ