わきが

わきが治療への思い2018

 わきがシリーズ2018の続きです。
 2017年に札幌美容形成外科で行った手術で一番多いのが、
 眼瞼下垂症手術です。
 まさかの、
 だんとつ一位です。
 開業した頃には考えもしませんでした。
 激減したのが腋臭症手術です。
 建物明渡訴訟のためです。
 いつ閉院になるかわからない状態でできる手術ではありません。
      ■         ■
 私がJA帯広厚生病院を辞めて、
 開業しようと思った理由の一つがわきが治療です。
 帯広市医師会_医者のつぶやき
 以前はネットで検索するとヒットしましたが、
 今は見つけられません。
 2010年7月28日の院長日記に掲載しています。
 社団法人_帯広市医師会ホームページ
 医者のつぶやき
 形成外科医のつぶやき
 宣伝できないことのもどかしさ。
 腋臭症(わきが)は保険診療で手術をうけられます。
 私どもの帯広厚生病院をはじめ,総合病院の形成外科では,健康保険で腋臭症(わきが)の手術を行っています。
 腋臭症は手術によって改善することが可能で,手術に健康保険が適用されます。
 患者さんの中には,心ない美容外科を受診し,30万円以上の手術費用をローンで払ったにもかかわらず,手術後も症状が改善せずローンの支払いだけが残ったというお気の毒な方もいらっしゃいます。
 腋臭症の手術に健康保険が使えること自体を御存知ない方や,健康保険で手術を受けると,醜いキズアトが残ってしまうのではないかと不安を持つ人が多いようです。
 健康保険で行う手術は,皮弁法ひべんほうまたは反転剪除法はんてんせんじょほうという大部分の美容外科で行っているのと同じ方法です。人によってキズアトが少し残る方もいますが,それは手術方法よりも体質や手術後の経過によるところが大きいと思います。
 女性週刊誌を見ると,美容外科の違法宣伝のオンパレードで,ビデオや本の説明に名を借りた手術の宣伝があふれています。良心的な美容外科の中には健康保険でわきがの手術を行っているところもありますが,多額の広告宣伝費をかけているところは自費診療で費用も30万円以上はします。
 残念なことに現在の法律では,われわれがどんなに良い手術をしていてもそれを宣伝することはできません。 疾患の性質上患者さんのクチコミで情報は伝わりません。
 病院によって入院を要するところ,外来通院でできるところがありますが,手術後の安静さえ保てれば,傷はきれいに治ります。わきがで悩んでいらっしゃる方を御存知でしたら,是非教えてあげてください。
 少し長くなりましたが,医者のつぶやきに投稿させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。
 〔専門科〕形成外科〔年齢〕43〔勤務〕
      ■         ■
 この医者のつぶやきは、
 今から20年前、
 43歳の時に書きました。
 今も同じ思いです。
 さくらんぼさんがコメントしてくださったように
 わきが手術は後の安静が大事なのはわかりますが、
 休みが取れなくて
 したいのに
 できない人
 たくさんいると思います。

 その通りです。
 私が生きているうちに、
 何かいい治療法ができればと願っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ