昔の記憶

小松作藏先生ご逝去

 2019年8月14日、北海道新聞のおくやみ広告に出ていました。
 元札幌医科大学第二外科教授 夫小松作藏儀 入院加療中のところ8月12日午前3時45分、89歳をもって永眠いたしました。
 ここに生前のご厚情を深謝し謹んでお知らせ申しあげます。
 おって葬儀は左記の通りそれぞれ執り行います。
 記
 一、通夜、8月14日(水)午後7時30分
 一、葬儀、8月15日(木)午前9時(出棺10時)
 一、式場、やわらぎ斎場西町 札幌市西区西町南18丁目
 令和元年8月14日 札幌市西区西野6条4丁目
 喪主 小松一惠
 施主 小松幹志
 女 兵頭かずさ
 葬儀委員長  札幌医科大学心臓血管外科教授  川原田修義
 葬儀副委員長 札幌医科大学呼吸器外科教授   渡辺 敦
 葬儀副委員長 札幌医科大学胸部外科同門会会長 渡辺祝安
—–
 当会会長小松作藏儀8月12日永眠いたしました。
 ここに謹んでお知らせ申しあげます。
 北広島市輪厚704番地16
 医療法人社団翔仁会 
 理事長 對馬伸泰
—–
 当会前理事長小松作藏儀8月12日永眠いたされました。
 ここに謹んでお知らせ申しあげます。
 名寄市西1条北5丁目1番地19
 医療法人三愛会
 理事長 山岸眞理

      ■         ■
 私が札幌医大6年生の時に、
 学年担任だったのが、
 小松作藏先生でした。
 私たち学生は、
 学年担任の教授を学担がくたんと呼んでいました。
 小松作藏先生は、
 とても面倒見のいい先生でした。
      ■         ■
 札幌医大に限ったお話しです。
 学生を進級させるか?
 落第させて留年させるか?
 その瀬戸際にいる学生を、
 何とか救ってくれるのが、
 学担の教授でした。
 面倒見のいい先生が学担だと、
 進級判定会議の時に助けてくれます。
      ■         ■
 私たち札幌医大27期生は、
 面倒見のいい小松作蔵教授が学担だったので、
 私の記憶では全員卒業できました
 胸部外科の臨床実習はとても楽しく、
 私も胸部外科に誘っていただきました。
 下の写真は楽しい学生生活の思い出です。
 小松作藏先生のご冥福をお祈りしています。
 偉大な優しい先生でした。
 小松先生、ありがとうございました。

札幌医大6年生の臨床実習
胸部外科
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ