昔の記憶

札幌医大卒業生としての思い

 今日は2019年8月16日(金)です。
 札幌美容形成外科は夏季休業です。
 昨日の院長日記、
 小松作藏先生ご逝去で、
 札幌医大の学生だった40年前を思い出しています。
 学生時代にはわからなかったことです。
      ■         ■
 第二志望
 2009年4月3日に書いた院長日記です。
 私は高校生の頃に北大にあこがれていました。
 残念なことに、
 一浪しても、
 北大(医)の合格レベルは高く、
 理科で物理が必須だったこともあり、
 私は最初から北大(医)を諦めていました。

      ■         ■
 札幌医大に入学したら、
 学園紛争のなごりが残っていました。
 教室ではヘルメットをかぶった先輩たちが、
 毎日、新入生の教室に来て、
 きみたちは~
 自己批判せょ~

 …とアジ演説をしていました。
      ■         ■
 私が入学した1974年の医師国家試験の合格率は全国最低で、
 北海道新聞に、
 札幌医大全国最低
 …という不名誉な記事が出ました。
 私は、
 あ~ぁ、
 せっかく入ったのになぁ~

 …とがっかりした毎日でした。
      ■         ■
 私は今年65歳になります。
 今になって思うことは、
 私は札幌医大の卒業生でよかったなぁ~
 先輩の先生たちは、
 自分たちを一生懸命教育してくれたなぁ~
 いい学校だったなぁ~
 …と思っています。
 今の札幌医大の外科学講座はとても充実しています。
 私は札幌医大の卒業生の一人として、
 とてもうれしく思っています。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ