昔の記憶

手稲山初冠雪2020

 今日は2020年10月16日(金)です。
 寒いです
 昨日、手稲山に初冠雪がありました。
 2020年10月16日、北海道新聞朝刊の記事です。
 札幌初雪、来月上旬? 過去10年平均、手稲山初冠雪から15・6日後
 道内上空に寒気が入り込み、石狩管内でも厳しい冷え込みとなった15日、札幌市の手稲山で今季初の冠雪が観測された。平年より1日、昨年より22日早い観測だった。
 札幌管区気象台によると、平年の手稲山の初冠雪日は10月16日、札幌の初雪観測日は10月28日で、初冠雪日から12日後に初雪を観測している。一方、過去10年の平均は初冠雪から15・6日後。年によっては初冠雪と初雪が同日に観測されたり、観測が1カ月以上遅れるなどばらつきがある。
 日本気象協会北海道支社によると、石狩管内は上空に暖かい空気が入り込む影響で10月中は平年より高め、11月も平年並みか高めの気温となる見通し。同支社の五十嵐義春気象予報士(56)は「10月下旬に寒気が入り込むが、その影響で平地で雪が降る可能性は2~3割」とし、札幌の初雪は11月上旬になる可能性が高いとする。(服部貴子)

山頂にうっすらと雪が積もった手稲山。札幌市街地では街路樹の紅葉との美しい対比が見られた=15日午前7時50分、札幌市北区(金田翔撮影)

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 札幌市内から手稲山を見ると、
 写真のように見えます。
 白く雪が写っているところは、
 1972年の札幌オリンピックで作られた、
 滑降コースです。
 今はテイネスキー場になっています。
      ■         ■
 今年の冬は大変そうです。
 ヨーロッパでコロナ患者さんが増えています。
 北海道でも患者数が増えています。
 コロナでは死にたくないので、、、
 外出を控えます。
 経済の回復とコロナ対策の両方を何とかしなければ、、、
 …と思いますがいい知恵がありません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ