医学講座

相次ぐ余震に警戒2021

 今日は2021年2月15日(月)です。
 福島県・宮城県で震度6強の地震の続きです。
 2021年2月15日、msnニュースです。
 宮城・福島で震度6強 相次ぐ余震…警戒を
 宮城県や福島県で最大震度6強を観測した地震から一夜明けた14日、福島県沖で余震が相次いだ。
 また、15日夕方ごろからは暴風雨となるおそれがある。
 13日の揺れで地盤が緩んでいるので、土砂崩れや雪崩などに警戒が必要。
 これまでに、この地震によるけが人は福島県で81人、宮城県で57人など、全国で157人が確認されている。
 また余震が相次いでいて、体に感じる震度1以上の揺れは、14日午後11時までに41回観測されている。
 気象庁は、揺れの強かった地域では、今後1週間は震度6強程度の地震に注意するよう呼びかけている。
 また、各地で土砂崩れなどが発生したほか、断水も相次いだ。
 宮城・山元町では、15日午前6時現在もおよそ2,000戸が断水し、復旧のめどがたっていない。
 一方、電柱が折れるなどの被害が出た東北新幹線は、15日も那須塩原 – 盛岡間で終日運転を見合わせる予定で、完全復旧には10日前後かかるという。
 また、低気圧が急速に発達する影響で、東北地方は午後から大雨や暴風となる見込み。
 13日の揺れで地盤がゆるみ、土砂災害や雪崩のおそれがある。
 余震とともに十分に警戒する必要がある。

(以上、msnニュース FNNプライムオンラインより引用)

      ■         ■
 大変なことです。
 雪国で気温が上がって、
 雨が降ったりすると、
 一気に雪がとけて、
 上の写真よりもっとひどいことになります。
 十分に警戒していただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ