医学講座

低気圧、台風並みに発達

 今日は2021年2月17日(水)です。
 昨日の数年に一度の猛吹雪2021
 札幌は猛吹雪にも強風にもなりませんでした。
 今朝は雪が積もっている程度です。
 ニュースを見て驚きました。
 バスが横転していました。
      ■         ■
 北海道は広いです。
 太平洋側、
 日本海側、
 オホーツク海側で、
 天気も気温もまったく違います。
 山間部や峠でも違います。
 冬の北海道がこわいところです。
      ■         ■
 2021年2月17日、北海道新聞朝刊の記事です。
 北からの寒気と4月並み暖気 低気圧、台風並みに発達
 16日から道内が大荒れの天気となっているのは、数日前から北海道などの上空を覆った4月並みの暖気と、北からの寒気がぶつかり、その温度差によって低気圧が台風並みに発達したためだ。北海道の北東に位置する高気圧に進路を阻まれて、道内付近に停滞することで強風が持続し、暴風や高波をもたらしている。
 日本気象協会北海道支社によると、日本の上空は12日ごろから暖かい空気に覆われ、札幌の上空1500メートル付近の気温は15日に4月並みの0.7度を記録した。一方、16日には真冬並みの氷点下15度まで下がるなど急激に寒気が流入。空気の温度差によって発達する低気圧は、道内に接近するにつれて勢力を増した。
 気象庁は24時間以内に中心の気圧が20ヘクトパスカル以上低下する低気圧を「急速に発達する低気圧」としている。今回の低気圧の中心気圧は15日午前6時に996ヘクトパスカルだったが、16日午前6時には946ヘクトパスカルとなり、50ヘクトパスカル低下。風の強さとしては台風並みの勢力となった。
 カムチャツカ半島付近に位置する高気圧に阻まれ、低気圧は17日以降、再び宗谷地方を通って、オホーツク海方面に抜ける予想。札幌管区気象台は「18日までは日本海側を中心に大雪への警戒が必要」と話している。(金子文太郎)

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 この道新の記事を読んで、
 ようやくわかりました。
 TVやネットではわかりません。
 さすが北海道新聞社です。
 こんな動きをした低気圧も珍しいと思います。
 気象情報にはこれからも気をつけます。
 明日までは大雪に気をつけます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ