医学講座

交通事故と診断書

 今朝のTVと新聞で報道されていました。
 プロ野球・楽天の田中将大投手(23歳)が、
 2011年12月14日、
 仙台市内で車を運転中に自転車と出合い頭に衝突。
 自転車の女性(56歳)は腰の骨にひびが入った。
 交差点に信号はなく、
 自転車の側に一時停止の標識があった。
 田中投手は、
 現場近くにある、
 日本製紙クリネックススタジアム宮城へ練習に向かう途中だった。
      ■         ■
 田中投手は12月15日、
 球団を通じ「相手の方に大変申し訳なく反省している。
 一日も早い回復をお祈りしている」とコメントした。
 同球団は田中投手を厳重注意し、3ヶ月間、運転禁止とした。
 以上が報道の内容です。
 車の運転と事故はつきものです。
 けがをされた女性の回復をお祈りしています。
      ■         ■
 交通事故のけがの場合、
 医師の診断書が必要になります。
 保険会社は、
 医師の診断書が提出されて…
 人身事故として警察が事故処理をしていないと…
 保険金を支払わない場合があります。
 私の交通事故がそうでした。
      ■         ■
 医師にとって困るのが…
 全治○週間という…
 治療期間の決め方です。
 保険会社に治療費を請求する関係で、
 全治一週間と書いたのに…
 治るまでに…
 一年もかかると…
 どうして…?
 一週間の診断書なのに…
 一年もかかるの…?
 …ということになります。
      ■         ■
 女性の顔に傷ができると…
 少しでも目立たなく治療したいと思います。
 裁判官の娘さんでも…
 警察官の娘さんでも…
 弁護士さんの娘さんでも同じです。
 ちょっとでも赤味が残っていたり…
 色素沈着が残っていたりすると…
 治療したいと思います。
      ■         ■
 形成外科で診断書を作成すると、
 ちょっとした顔のけがでも、
 向後約一年間の通院治療を要する見込みである
 …と書く場合があります。
 顔の傷が残りそうな時は…
 私は約一年間と書くようにしています
 実際に何年もかかることがあります。
      ■         ■
 困るのが… 
 刑事処分や行政処分の重さが…
 治療期間によって決められることです
 治療期間が3ヶ月以上になると…
 重傷事故と判断されることがあります。
 そもそも… 
 医学用語に軽傷とか
 重傷はありません。
 定義もはっきりしません。
      ■         ■
 用語自体も、
 医学では
 …とやまいだれを使います。
 形成外科で、
 一年間の治療と書くと…
 よく検察庁から問い合わせが来ていました。
 罰金や行政処分を決めるのも…
 なかなか難しいのです。
 田中投手の事故のように…
 骨にひびが入ると治療期間は長くなります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ