医学講座

開業への思い②

 私は、もともと…
 大学に残って偉くなろうとは…
 まったく考えていませんでした。
 勤務医志望でした。
 父親が病院勤務の薬剤師で…
 子どもの頃から…
 勤務医のお医者さんを…
 見て育ったからだと思います。
      ■         ■
 私が勤務した病院は、
 北海道でも大きな病院ばかりです。
 北大形成外科からの派遣(はけん)でした。
 教授の人事権という…
 2009年2月18日の院長日記に書いてあります。
 今でも…
 大きな病院の部長とか医長は…
 大学の教授と病院長との合意で決まるところが多いです。
      ■         ■
 公募で医師を募集している大病院もありますが…
 重要なポジションは…
 やはり大学とのつながりがあります。
 私は40歳で…
 JA帯広厚生病院の形成外科主任医長になりました
 平成7年(1995年)1月のことでした。
      ■         ■
 JA帯広厚生病院での3年間は…
 とても忙しかったですが…
 充実していた3年間でした。
 他の先生とも楽しく働き…
 いっしょに働いた看護師さんも優秀でした。
 日本熱傷学会で発表して…
 座長の先生から誉められた看護師さんもいました。
      ■         ■
 病院は黒字で…
 設備も整っていました。
 たくさんの楽しい想い出があります。
 帯広に勤務して1年が過ぎた頃から…
 開業しようか…?
 …と思うようになりました。
 その当時に書いた文章が…
 帯広市医師会_医者のつぶやきとして掲載されています。
      ■         ■
 社団法人_帯広市医師会ホームページ
 医者のつぶやき
 形成外科医のつぶやき
 宣伝できないことのもどかしさ。
 腋臭症(わきが)は保険診療で手術をうけられます。
 私どもの帯広厚生病院をはじめ,総合病院の形成外科では,健康保険で腋臭症(わきが)の手術を行っています。
 腋臭症は手術によって改善することが可能で,手術に健康保険が適用されます。
 患者さんの中には,心ない美容外科を受診し,30万円以上の手術費用をローンで払ったにもかかわらず,手術後も症状が改善せずローンの支払いだけが残ったというお気の毒な方もいらっしゃいます。
 腋臭症の手術に健康保険が使えること自体を御存知ない方や,健康保険で手術を受けると,醜いキズアトが残ってしまうのではないかと不安を持つ人が多いようです。
 健康保険で行う手術は,皮弁法または反転剪除法という大部分の美容外科で行っているのと同じ方法です。人によってキズアトが少し残る方もいますが,それは手術方法よりも体質や手術後の経過によるところが大きいと思います。
 女性週刊誌を見ると,美容外科の違法宣伝のオンパレードで,ビデオや本の説明に名を借りた手術の宣伝があふれています。良心的な美容外科の中には健康保険でわきがの手術を行っているところもありますが,多額の広告宣伝費をかけているところは自費診療で費用も30万円以上はします。
 残念なことに現在の法律では,われわれがどんなに良い手術をしていてもそれを宣伝することはできません。 疾患の性質上患者さんのクチコミで情報は伝わりません。
 病院によって入院を要するところ,外来通院でできるところがありますが,手術後の安静さえ保てれば,傷はきれいに治ります。わきがで悩んでいらっしゃる方を御存知でしたら,是非教えてあげてください。
 少し長くなりましたが,医者のつぶやきに投稿させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。
 〔専門科〕形成外科〔年齢〕43〔勤務〕
      ■         ■
 当時は、
 帯広駅前(高架になる前の古い駅です)に
 1階に三越帯広営業所が入った
 白いビルがありました。
 (今は再開発で取り壊されています)
 そのビルに西武クリニックという…
 帯広で唯一の美容外科がありました。
      ■         ■
 地元の医師会でも、
 誰が経営しているのか…?
 どんな先生がいるのかも知りませんでした。
 その美容外科へ行って
 わきが手術を受けた…
 30台の女性が帯広厚生病院形成外科を受診しました。
 手術を受けたのに…
 ちっともよくなっていない…!
      ■         ■
 手術を担当してくださったのは…
 年輩の男性の先生。
 手術は片側30分もかからず…
 あっという間に終わり…
 切開した傷と…
 ローンと…
 臭いが残ったという方でした。
      ■         ■
 自分だったら…
 こんなことはしない
 他人の弱みにつけ込んで
 何て奴だ! …と思った記憶があります。
 このあたりから…
 私の開業への思いがはじまりました。 

“開業への思い②”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    以前もCommentしましたが、本間先生と知り会いにならなかったら形成外科という科も わきがや 眼瞼下垂や陥没乳頭の手術が保険が効く手術だという事も知りませんでした。 ただ 眼瞼下垂は私の母はかなりひどくなり、片目の何とかみたいになり 細かい作業もみえずらく不自由なので 手術すればよいのにと思うのですが、あと、先がないからとかとか言ってますが、危なくて困ってます。わきがも 自分から私わきがで困ってると言う人は少なく 臭いとか 中々いいづらいので 本間先生の所のような良心的な所で手術すれば保険が効くので 顔が見えない メールなどで相談してみてください。 週刊誌などでは すぐにとかありますが 手術後が大事なので 惑わされないでください。

  2. まみ子 より:

    なるほ・・・そうでしたか・・・。

    帯広には今はそのクリニックはありませんね。私は初めてそのクリニックの名前を聞きました。医師会には入っていなかったのですね。

    当診療所からも沢山の患者さんを本間先生に紹介しました。お忙しいのに本当に申し訳ありませんでした。

  3. なっちゅん より:

    先日、眼瞼下垂を取り上げた番組があり、
    驚き見入りました。
    メジャーになりつつありますね。

    本間先生にお聞きするまで病名さえも
    全然知らなかったんですが
    以前加齢によりまぶたが重くなり、見えづらくなったので
    形成外科で手術するとお客さんが言ってました。

    一昨年くらいに、この事だと思いました。

    でも何処でしたのでしょう?
    その頃は興味もなく聞きませんでした。

    見た目は、目が大きくなったという感じはさほど無く、
    代わり映えは、しなかったです。
    でも本人は苦にならないようになったのか、
    その話題は出ませんでした。
    多分、改善されたのでしょうね。

    保険適用だったんだろうかと今更ながら気になります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ