医学講座

あっかんベーの修正手術

 2018年5月16日と5月17日に品川プリンスホテルで開催された、
 第106回日本美容外科学会(JSAS)
 私が一番感動して勉強になったのが、
 ヤスミクリニック(美容外科)
 木村知史先生のご発表です。
 あっかんべーの修正手術
 …と私が勝手にタイトルをつけました。
      ■         ■
 2018年5月17日
 一般演題③9:00-10:20
 術後の下眼瞼縁外反・下垂過大に対して早期に行える簡便で有効な修正法
 木村知史
 Tomofumi Kimura
 ヤスミクリニック(美容外科)
 術後の下眼瞼縁外反に対する治療法は、切開・剥離して眼輪筋を外側に牽引し目尻側の骨膜に固定、もしくは瞼板軟骨を外側に引き同様に固定などが行われている。
 いずれも再手術なので、術後早期に行えず待機期間として3 ヶ月以上経っての手術となるケースが多い。
 しかし社会復帰上、早々に治療を希望する患者は多い。 当施設ではメスで切開など行わず、早期に拘縮もしくは皮膚の足りない部分を伸ばした上で外側に牽引し目尻側に固定する治療法を行っている。
 また近年の下瞼縁下垂手術(タレ目形成、グラマラスライン形成)では、患者は術前の希望と異なり、術後に少し戻して自然な感じにしたいなどということも時折ある。
 そのような場合も早期にメスを使わない修正治療を行っている。
いずれも有効な結果を出しており、これらについて症例供覧・報告を行う。

      ■         ■
 素晴らしい手術法です。
 美容外科では、
 下眼瞼のしわ取り手術、
 タレ目形成、グラマラスライン形成手術
 形成外科では、
 下眼瞼切開による、
 眼窩底骨折や頬骨骨折手術、
 下まぶたが、
 あっかんべーになることがあります。
      ■         ■
 アッカンベーの手術
 まぶたのトラブル症例2017
 下眼瞼変形の原因②美容外科手術の失敗
 下まぶたの修正手術2014
 私の院長日記の中だけでも、
 これだけアッカンベーが出てきます。
      ■         ■
 あっかんべーになった患者さんはお気の毒ですが、
 手術をした術者にもストレスです。
 木村知史先生の手術法は、
 私が今までに見た手術法の中で、
 一番効果的で侵襲が少ない手術です。
 手術後のあっかんべーで困っている患者さんは、
 巣鴨のヤスミクリニックです
 信頼できる優しい先生です。
 A simple method for the correction of lower eyelid retraction
 Tomofumi Kimura
 Yasumi clinic

“あっかんベーの修正手術”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    学会お疲れ様でした。

    あっかんべーに術後なる患者さんのお話、覚えてますよ。
    綺麗になろうとしたのに、あっかんべーになったら
    悲劇です。

    いい先生がいらっしゃるのですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。ヤスミクリニックの木村先生の手術は画期的な方法です。今までに見たどんな手術よりいいと思います。木村先生は信頼できる優しい先生です。おすすめします。

  2. えりー より:

    メスを使わない
    修正治療があるのですね。
    驚きました。

    手術にはリスクが伴うと思いますが、
    その後にどのように対応してくださるのかが
    信じても良いお医者さまなのか、どうか?
    大切な事かと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。講演の後で会場でたくさんの美容外科医から質問を受けていました。木村先生は親切に教えてくれました。あっかんべーの修正はとても難しいのです。世界中に木村法が広まるといいと思いました。

  3. さくらんぼ より:

    お疲れ様でした。 手術後 あっかんべーになったら 泣きたいですよね。 上手に手術される先生がいらしてよかったです。年配の方で手術もしないのにあっかんべーになっている方をよくみかけますが、、、 山形は毎日雨で 梅雨みたいです。体調に気をつけてください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。この手術後のあっかんべーは患者さんもつらいですが、手術をした方もつらいのです。かと言って今までの方法では簡単に治せませんでした。木村知史先生が考えた修正法はほんとうにすごい手術でした。美容形成外科のノーベル賞級と言っても過言ではありません。札幌に帰ってきたら東京は暑かったのにとても寒いです。やはり北国です。飛行機を降りる時にANAの機長さんがわざわざ気温が低いので体調にお気をつけくださいとアナウンスをしてくれました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ