医学講座

吉野彰先生ノーベル化学賞受賞

 今日は2019年10月10日(木)です。
 札幌は秋晴れのいい天気です。
 台風19号が気になりますが、
 朝からTVでノーベル化学賞を受賞された、
 吉野彰先生の笑顔を見て、
 すばらしい!
 …と感動していました。
      ■         ■
 ネットで見つけた文と写真です。
 私はこの写真が気に入りました。
 【10月9日AFP】スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は10月9日、2019年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、リチウムイオン電池を開発した吉野彰(Akira Yoshino)氏(71)、米国のジョン・グッドイナフ(John Goodenough)氏(97)、英国のスタンリー・ウィッティンガム(Stanley Whittingham)氏(77)に授与すると発表した。
 同アカデミーは受賞理由について、「軽量かつ再充電可能で、強力なこの電池は現在、携帯電話からノートパソコン、電気自動車まで、あらゆるものに使われている」「太陽光・風力発電によって相当量のエネルギーを蓄積することも可能で、化石燃料を使わない社会を実現する可能性をもたらした」と説明。

2019年ノーベル化学賞の受賞が決まり、記者会見の会場で笑顔を見せる吉野彰氏
(2019年10月9日撮影)。(c)Kazuhiro NOGI / AFP
 (以上、AFP通信より引用)

      ■         ■
 リチウム電池と旭化成は、
 まったく結びつきませんでした。
 旭化成で思い出すのは、
 2016年の鬼怒川の洪水で、
 流されなかった白い家の旭化成ヘーベルハウスです。
 リチウム電池の会社とは、
 夢にも考えたことがありませんでした。
      ■         ■
 吉野彰先生の笑顔が素敵でした。
 旭化成の社内に、
 たくさんの吉野ファンがいるのもわかります。
 TVに映っていた、
 吉野先生の奥様とお嬢様も素敵でした。
 大阪府吹田市のご出身で、
 関西のアクセントがあるのも好きです。
 私たち日本人に夢と希望を与えてくださった、
 吉野彰先生のノーベル化学賞受賞を心からお祝い申し上げます。

“吉野彰先生ノーベル化学賞受賞”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    旭化成というと
    昔、CMの最後に
    ア、サ、ヒ、カ、セ、イ
    というたどたどしい発音で
    締めくくられてました。

    あれはどんな内容なのか
    忘れました。
    でも今でも心に焼き付いてるという事は
    凄いCMなんだと思います。

    吉野先生の笑顔、素敵でした。

    吉野先生のノーベル化学賞受賞を
    心からお祝い申し上げます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。旭化成は医療分野にも製品がありました。すっかり忘れていました。もともと繊維メーカーだった記憶もあります。ノーベル賞はすごいです。おめでとうございます。

  2. えりー より:

    世界の人々に貢献できて、
    とても役に立つものを開発
    なさって本当にすばらしいと思います。
    笑顔のすてきな吉野彰先生きっと、
    いろいろな方から
    慕われていらっしゃるのだろうと
    思いました。
    ノーベル化学賞受賞おめでとう
    ございます。今朝は新聞を
    見ていなかったので記事の
    ご紹介ありがとうございました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。あまりうれしいニュースがない中でノーベル化学賞受賞は素晴らしいです。リチウムイオン電池が日本人の開発によるものだということも知りませんでした。先生の笑顔も奥様の笑顔も素敵でした。

  3. さくらんぼ より:

    おめでとうございます会見での御夫婦が微笑ましかったです。昨日からラフランス収穫でクタクタです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。台風が来る前に収穫を終わっていただきたいです。りんごにも被害が出ませんようにお祈りしています。台風が太平洋に行ってくれることを願っています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ