医学講座

カメラのレンズが故障しました

 今日は2020年10月19日(月)です。
 先日、札幌美容形成外科で使っている、
 カメラのレンズが故障しました。
 写真を撮ったのに、
 いつものように撮れません。
 露出オーバーになっています。
 最初はストロボの故障?を疑いました。
      ■         ■
 予備のストロボに交換しましたが、
 露出オーバーのままです。
 カメラ本体の故障を疑い、
 カメラ本体を交換しました。
 それでも直りません。
 困りました。
      ■         ■
 患者さんをお待たせして、
 予備のレンズに交換しました。
 ようやく正常に写りました。
 今のレンズは電子機器です。
 おそらく絞りを調節する部分の異常だと思います。
 めったに故障しないカメラですが、
 異常があった時にはレンズも疑ってください。
      ■         ■
 私たち形成外科医にとって、
 写真が命です。
 専門医試験も写真で判定されます。
 手術記録にも写真です。
 論文投稿にも写真です。
 米国形成外科学会には、
 写真の撮り方の基準まであります。
      ■         ■
 私が形成外科医になった40年前は、
 写真はすべてスライド用フィルムでした。
 研修医の仕事に、
 スライド整理がありました。
 現像所から戻ったスライドに、
 一枚いちまい
 日付
 名前
 外来番号
 …を書いていました。
      ■         ■
 今はスライド整理も無くなり、
 写真もその場で確認できるようになりました。
 デジタル化された写真はきれいです。
 私たち形成外科医が使うカメラは、
 ちょっと高価なカメラです。
 レンズもマクロレンズというレンズです。
 ストロボはリングストロボです。
 写真が変だったら、
 レンズの異常も疑ってください。

故障したレンズです

“カメラのレンズが故障しました”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    予備を準備されているとは、
    流石は本間先生ですね。

    今度は予備を購入されるのでしょうね。

    Nikon、見ただけで高価そうです。

    私はカメラを持っていません。
    素人の私はスマホのカメラで
    用が足りるのです。

    記録する意味で
    スマホカメラも
    なかなか使い勝手がいいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。世界中の形成外科医はカメラを大切にしています。昔はカメラバッグを持って手術室に入るのは形成外科医と言われました。米国の形成外科医にもNikonファンが多いです。英語読みですとナイコンになります。Canonを愛用している先生も多いです。スマホの写真もよくなりましたが、手術記録はやはり一眼レフです。

  2. えりー より:

    いつも使っていた物が
    急に壊れると落ち込みます。
    クリニックで重要なカメラの故障は
    診断なさるのに困りますね。
    無事にお使いになれて本当に
    良かったです。お写真はデジタル
    の方が鮮明なのですね。
    開業なさっているお医者さまに
    とって今日の先生の日記は
    カメラのトラブルの時に
    とても勉強になると思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。急に写真が撮れなくなると困ります。予備機も準備していますが、レンズは予備機がなかったので古いレンズを使っています。こんなレンズでも9万円近くします。若い先生にも覚えておいていただきたいです。

  3. さくらんぼ より:

    壊れたとわかった先生はすごいです。私ことですが、義母が車椅子から落ち大腿骨骨折で手術しました。本間先生のお母様と同じ歳なのにかなりぼけています。忙しい時期に困ったもんです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しい時期なのにコメントをいただきありがとうございます。お義母様のお見舞いを申し上げます。うちの親父も大腿骨骨折で手術をした時に大同生命からの電話がありました。今から考えても忙しい時期にてんやわんやでした。コロナで面会制限もあり大変だと思います。お大事になさってください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ