二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂の再発②

 眼瞼下垂とひとくちに言っても…
 原因も症状もさまざまです。
 生まれつき…
 まぶたを上げる筋肉が弱い人が、
 先天性眼瞼下垂症(せんてんせいがんけんかすいしょう)です。
 目をこすったり…
 ハードコンタクトレンズで下垂になるのを…
 後天性眼瞼下垂症(こうてんせいがんけんかすいしょう)
 …と呼びます。
      ■         ■
 後天性眼瞼下垂症でも、
 ハードコンタクトで、
 筋肉に穴が開いてしまったような人もいれば…
 目をこすって…
 筋肉と瞼板(けんばん)の間が離れてしまった人もいます。
 私の場合は、
 加齢とともに皮膚が伸びてしまい…
 瞼板と挙筋腱膜の癒着(ゆちゃく:くっつき)が弱くなっていました。
      ■         ■
 手術では…
 穴が開いた筋肉や…
 離れてしまった筋肉と瞼板(けんばん)という組織を…
 細い糸で縫います。
 縫う糸や本数は、
 患者さんによって違います。
 先生によっても違います。
      ■         ■
 がっちりくっつけるために…
 太い糸で何本も縫うと…
 目の中がごろごろになってしまいます。
 お一人だけ…
 中国で手術を受けて… 
 信じられないような太い糸が入っていた人がいました。
 がっちり縫えばいいというものではありません。
      ■         ■
 日本では…
 細い非吸収糸と言われる…
 【溶けない糸】を使う先生が多いですが、
 【溶ける糸】を使う先生もいらっしゃいます。
 ただ…
 【溶ける糸】の注意書きには…
 力がかかる部位には使わないように書かれています。
      ■         ■
 私のまぶたには、
 片側で3本ずつ、
 【溶けない糸】が入っています。
 手術から一年以上経過していますが、
 何の違和感もありません。
 溶けない糸でも、
 適切な部位に適切に使うと問題はありません。
      ■         ■
 どんなに高価な糸を使っても…
 問題なのは…
 人間の組織です。
 糸が切れることはありませんが…
 手術後に強くこすったりすると…
 糸で固定した筋肉や瞼板(けんばん)から…
 糸が外れてしまいます。
      ■         ■
 下垂の程度が重くて…
 黒目の半分程度しか開いていなかった目を…
 手術で苦労して…
 黒目が丸く見える目にしたようなお嬢さん。
 これで…
 やったぁ~
 …と思わないでください。
      ■         ■
 糸の周囲にしっかりとした組織ができて…
 傷が安定するまでには、
 3~6ヵ月はかかります。
 その間に無理をすると…
 シンデレラの魔法が解けたように…
 元に戻ってしまいます。
 再発した目の再手術は可能ですが…
 痛い思いと術後の腫れは一度で十分です。
 くれぐれも気をつけてください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ