二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂の再発③

 形成外科医が得意とするのは…
 縫合法(ほうごうほう)です。
 つまり糸で縫うことです。
 患者さんがご覧になっても、
 丁寧に…
 ミシンで縫ったように…
 細かく縫っていあるのが見えます。
      ■         ■
 もちろん…
 皮膚表面を丁寧に縫うのも大切ですが、
 それより難しいのは…
 抜糸しない糸で縫う…
 真皮縫合(しんぴほうごう)とか…
 下縫い(したぬい)と呼ばれる縫合です。
      ■         ■
 どの部位を…
 どんな糸で縫うかは…
 傷をきれいに治すポイントになります。
 瞼の皮膚はとても薄いので、
 通常は真皮縫合をしません。
 下手に縫うとごろごろしてしまいます。
 その代わり…
 筋層を縫うことはあります。
      ■         ■
 まぶたには、
 眼輪筋(がんりんきん)という…
 目を閉じるための筋肉があります。
 薄い筋肉です。
 お腹や胸には、
 皮膚の下に脂肪層がありますが、
 まぶたは皮膚の下がいきなり筋肉です。
      ■         ■
 眼瞼下垂の原因になる筋肉は、
 眼瞼挙筋(がんけんきょきん)です。
 まぶたの奥深いところにあります。
 眼瞼挙筋は…
 眼輪筋よりも薄い筋肉です。
 筋肉というより…
 膜(まく)のように見えます。
      ■         ■
 手足の筋肉がケンタッキーなら、
 眼瞼挙筋ぎょうざの皮です。
 私たちは、
 穴が開いたぎょうざの皮を、
 髪の毛みたいに細い糸で、
 丁寧につくろいます
 丸いぎょうざの皮が、
 変形しないように…
 左右対称になるように縫います。
      ■         ■
 まぶたを縫う糸は、
 形成外科では一番細い糸を使います。
 眼瞼挙筋を縫う糸も、
 細い糸を使います。
 ごろごろしないためです
 丁寧に治しても…
 細い糸で縫ってあり、
 もともと弱いぎょうざの皮は…
 無理をするとすぐに破れます。
 これが再発する原因のひとつです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ