二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂の再発⑤

 私たち形成外科医は、
 まぶたの手術をよくします。
 勤務医だった頃には…
 交通事故などでけがをした人を診ました。
 もともとは正常だった人のまぶたが、
 事故で切れています。
      ■         ■
 正常な人まぶたは、
 眼瞼挙筋と瞼板ががっちりくっついています。
 正確に言うと…
 眼瞼挙筋という筋肉は…
 瞼板に近づくにつれて…
 赤い筋線維(きんせんい)が少なくなり…
 白い挙筋腱膜(きょきんけんまく)になります。
      ■         ■
 事故でケガをした人は、
 瞼板(けんばん)も…
 挙筋腱膜(きょきんけんまく)も…
 ずたずたに切れていることがあります。
 その切れた断端(だんたん:はしっこ)を見つけて…
 できる限り正常に近づけて縫います。
      ■         ■
 中にはジグゾーパズルのように、
 何がなんだかわからない人もいました。
 手術中に丹念に調べて…
 元通りに縫う作業です。
 このような手術を繰り返すことで、
 まぶたの解剖がよくわかるようになります。
      ■         ■
 私は札幌美容形成外科を開業して8年になりました。
 一番多いのが目の手術です。
 勤務医時代と比較して…
 くらべものにならないくらい手術をしています。
 大学病院ですと…
 大きな手術があるので…
 手術日は週に2日程度。
 今は毎日手術日です。
      ■         ■
 数多く手術をすると…
 困難な症例も多くなります。
 眼瞼下垂症と言っても、
 外見も人によって違いますが…
 筋肉の状態や…
 まぶたの中は実にさまざまです。
      ■         ■
 正常だとがっちりくっついいている…
 挙筋腱膜と瞼板が…
 宙に浮いているように…
 離れている人がいます。
 腱膜も筋肉も薄くなって…
 黒目が下にすぐ見える人もいます。
 手術前にある程度予測して…
 予定時間を長めに取る人もいます。
      ■         ■
 私は形成外科医なので…
 まず機能的によく見える目にすること…
 他人から見ても…
 見た目をよくすること…
 欲張りですが…
 この両方を目指しています。 
      ■         ■
 8年間の経験で…
 手術前から再発しやすそうな目の人が
 少しずつわかってきました。
 注意して手術していますが…
 こちらの注意を聞いてくれない人もいます。
 病気なので仕方がないことですが、
 医療者側としても…
 再発で再手術は避けたいのが本音です。

“眼瞼下垂の再発⑤”へのコメント

  1. おかだ より:

    こんにちは。
    前に一度、気になるホクロについてご相談した者です。ホクロもそうですが、実は眼瞼下垂の方が大変な状態です。おでこの皺も気のせいではなく、確実に以前より深くはっきりとしてきてしまい凹んでいます。今は仕事があり術後の安静を確保する事が難しいため、いつか時期を見て必ず先生の所で…と思っています。その時はよろしくお願いしますね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ