医学講座

まつ毛育毛剤の使い方

 私は毎日、手術用顕微鏡で、
 女性のまぶたを見ています。
 まつ毛もよく見えます。
 残念なことですが…
 年齢とともに…
 まつ毛は衰えます。
 まつ毛
 
 密度
 太さ
 年齢とともに変化します。
      ■         ■
 まつ毛育毛剤の人気が高いのも、
 よく理解できます。
 私たち男性の頭髪と同じです。
 毛が少なくなるのはさびしいものです。
 簡単に増えるなら…
 ちょっと試してみたくなります。
 ちょっとした…
 使い方のこつがあります。
      ■         ■
 一番大切なのは…
 つけすぎないことです。
 ネットなどで検索すると…
 毎晩…
 専用ブラシで…
 1滴つけると書いてあります。
 問題は…
 この1滴です。
      ■         ■
 専用ブラシに直接つけないように…
 たらすと書いてあります。
 たらすと…
 どうしても量が多くなります。
 私は、
 専用ブラシよりも…
 極細の歯間ブラシか
 爪楊枝をおすすめします。
 綿棒は綿が液を吸ってしまうので
 不経済です。
      ■         ■
 液をつけるのは、
 まつ毛の根元だけです。
 ポイントは、
 微量の液を、
 上手に根元につけることです。
 多少目にしみても構いませんが…
 目に入るのは量が多すぎるからです。
 お花の根元に栄養剤をまく感じです。
      ■         ■
 液をつけるのは、
 お風呂から上がって、
 化粧水などをつける前です。
 何かつけてしまうと、
 化粧水などに含まれている成分が、
 まつ毛育毛剤をはじくことがあります。
      ■         ■
 マスカラを専用液で落とした後は、
 オイル成分がまつ毛についています。
 ファンデーションを落とす液も同じです。
 これらのお化粧を落とす液がついていると、
 まつ毛育毛剤がはじかれます。
 お化粧を落として…
 お風呂に入って油分も落として…
 すっぴんになって…
 ほんの微量だけ、
 まつ毛の根元につけてください。
 継続は力なりです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ