医学講座

腹が立つこと

 私はよく(おこ)ります。
 (いか)ります。
 昨日も…
 患者さんを診察していて…
 同じ医師として…
 いかりを覚えました。
 震度7くらいでした。
      ■         ■
 診察にいらした若い女性。
 とても美しい方でした。
 多汗症が主訴です。
 あることがきっかけで、
 汗が多くなってしまいました。
 ある美容外科を受診して、
 手術を受けました。
      ■         ■
 吸引法による、
 腋窩多汗症手術です。
 そのクリニックの先生から…
 多汗症手術の時に、
 ボトックス注射も同時に受けないと…
 効果が出ないと説明を受け…
 手術日にボトックス注射をされたそうです。
      ■         ■
 手術とボトックスの両方を受け、
 費用もかなりかかったのに…
 効果はなく…
 おまけに切開部には…
 皮下縫合に使った…
 透明なナイロン糸(白ナイロン)まで…
 露出していました。
      ■         ■
 多汗症手術は難しく
 まして吸引法では治りません
 ボトックス注射はよく効きますが、
 慎重に投与しないと…
 思わぬ副作用もあります。
 私は多汗症手術とボトックスは、
 同時にはいたしません。
 どちらか先にするなら、
 ボトックスです。
      ■         ■
 売上優先
 広告を見て来院した患者さんはカモ
 一円でも多く使ってもらう…!
 そんな美容外科があります。
 同じ医師として腹が立ちます
 あんたたちを医者にするのに…
 一人あたり…
 数千万円の税金がかかったんだょ!
 …と言ってやりたい先生がいます。
 美容外科選びには、
 くれぐれも気をつけてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ