医学講座

中高年の手術

 昨日は、
 中高年のワキガ手術を書きました。
 私たち中高年は、
 50年以上も身体を酷使しているので、
 いろいろなところにがたが来ます。
 私の眼瞼下垂症も、
 まぶたの皮膚が…
 余って垂れ下がってきたためです。
      ■         ■
 手術後の腫れは…
 中高年になると…
 若い人とは違います。
 大竹先生のような…
 名医が手術をしてくださっても…
 必ず腫れます。
 年齢のためです。
      ■         ■
 20歳台の若い人の眼瞼下垂症は、
 皮膚のあまりがないので…
 短い切開で済みます。
 たとえ腫れても…
 回復も早いです。
 20代と50代を比べると…
 腫れは2倍以上違います。
 切る長さも違います。
      ■         ■
 50代と80代を比べると…
 こちらも腫れに違いがあります。
 80代になると…
 皮膚はますます薄くなり…
 血管ももろくなります。
 同じ手術をするなら…
 50代の方が回復も早いです。
      ■         ■
 年齢とともに出た変化を…
 医学の力を借りて…
 若い時のように戻すのは、
 私は良いことだと考えています。
 形成外科や美容外科は外見ですが、
 ホルモン補充療法などで…
 身体の中から治すことも可能です。
      ■         ■
 中高年の手術は…
 若い人より回復に時間がかかりますが、
 まだまだ手術で元気になれます。
 私は…
 どこか不具合が出たら…
 治せるものは積極的に治すのが…
 その人の人生にプラスになると考えています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ