医学講座

第37回日本熱傷学会①

 東京ドームホテルで、
 第37回日本熱傷学会が開催されました。
 今年の会長は、
 日本医科大学形成外科教授の、
 百束(ひゃくそく)比古(ひこ)先生です。
 日本医科大学では、
 熱傷治療を古くからなさっています。
      ■         ■
 百束先生が選ばれた、
 今年の学会のテーマは、
 社会復帰をめざした熱傷医療の追求です。
 百束先生はかづきれいこさんと、
 リハビリメイクもなさっています。
 焼けてしまった皮膚は、
 元に戻せませんが、
 少しでも目立たなくして、
 社会復帰をしやすくしています。
      ■         ■
 今年の学会は、
 一日しか参加できませんでしたが、
 印象に残ったことを書きます。
 私が医師になって30年です。
 日本の熱傷治療は世界でも最先端です。
 救命率も向上しました。
 手術も変わりました。
      ■         ■
 重症のやけどを救命するには、
 救命救急センターの力が大きいです。
 急性期と呼ばれる…
 受傷後早期に手術をするようになりました。
 最近は…
 急性期手術と呼ばれる、
 やけどをしてすぐに手術をすることで
 早く回復できるようになりました。
      ■         ■
 深く焼けてしまった皮膚は、
 焼けてしまった時点で死んでいます。
 この死んだ皮膚にばい菌がついて、
 その菌が原因で状態が悪化します。
 やけどで回復しない皮膚を、
 なるべく早く手術で切除して、
 その部分に植皮をします。
 そうすることで感染も減ります。
 これが急性期手術のメリットです。
      ■         ■
 今から20年も前に、
 大浦武彦先生が、
 この急性期手術を提唱していました。
 本間君やってみろよ…
 …と言われてましたが…
 私には、できませんでした。
 大浦先生の予言は見事に的中し、
 今や最先端の医療です。
      ■         ■
 美容形成外科を開業していると、
 やけどの手術をすることはありませんが、
 熱傷治療の勉強は、
 創傷治療というキズの治りの勉強になります。
 昔を思い出して、
 感慨深く発表を聞くこともあります。
 毎年、大浦先生はすごいと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ