昔の記憶

中西昌美先生の死を悼む

 昨日の北海道新聞朝刊に、
 おくやみの広告が載っていました。
 市立札幌病院名誉院長
 夫_中西昌美儀_自宅療養中のところ6月7日午前1時5分、75歳をもって命終いたしました。ここに生前のご厚情を深謝し謹んでお知らせ申しあげます。
 おって葬儀は左記の通りそれぞれ執り行います。
 
 一、通夜_6月8日(水)午後7時
 一、葬儀_6月9日(木)午前10時(出棺11時)
 一、式場_博善斎場_札幌市中央区南30条西12丁目
 式場011(533)1111
 平成23年6月8日
 札幌市北区北22条西8丁目
 喪主_中西史子
 施主_中西 満
      ■         ■
 中西昌美(なかにしよしみ)先生は、
 北大医学部38期のご卒業です。
 私が市立札幌病院へ赴任した当時は、
 外科主任医長でした。
 白いブレザータイプの短い白衣が似合う、
 とてもダンディーな先生でした。
      ■         ■
 形成外科にご理解をいただき、
 患者さんを紹介していただいたり、
 副院長に就任されてからは、
 形成外科の予算でも、
 とてもお世話になりました。
 私が退職してから、
 新病院の院長に就任されました。
      ■         ■
 中西先生は、
 北大医学部野球部の名ショートとして、
 学生時代に活躍されたことを、
 昨夜のお通夜で知りました。
 北大第一外科で、
 医局長→講師と昇進され、
 市立札幌病院へ赴任後は、
 外科主任医長→副院長→院長に就任されました。
      ■         ■
 外科医というと、
 怖いイメージがありますが、
 中西先生はとても温厚で、
 大きな声を出したのを聞いたことがありません。
 繊細な手と心を持った、
 とても素敵な先生でした。
      ■         ■
 先生は市立札幌病院を退職後に、
 結核予防会北海道支部の、
 札幌複十字総合検診センター所長として勤務されました。
 私たち札幌美容形成外科の職員が、
 毎年健康診断でお世話になっているところです。
 そこでも優しい名所長でした。
      ■         ■
 一昨年秋に大腸癌が見つかり、
 手術を受けましたが、
 肝転移・肺転移と病気が広がり、
 つらい化学療法を受けながら、
 職務を遂行されていたそうです。
 昨年秋からは、
 ご自分の死期を意識されながらも、
 じっと耐えていらしたと…
 葬儀委員長の上村友也先生から伺いました。
      ■         ■
 名医でも名院長でも、
 ご自分の病気には勝てないものです。
 最期は自宅で
 という先生のご希望で、
 5月下旬に退院されて、
 ご自宅でお亡くなりになりました。
 満73歳というまだまだお若い年齢です。
 心からご冥福をお祈り申しあげます。
 中西先生、
 形成外科を育てていただきありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ