医学講座

下まぶたの修正手術2014

 3日間の第57回日本形成外科学会、
 学会最終日の最後、平成26年4月11日(金)に、
 二次的下眼瞼形成術という、
 パネルディスカッションがありました。
 変形してしまった下眼瞼(下まぶた)を、
 治す手術です。
      ■         ■
 PD3-1 変形に対する下眼瞼形成術
 北里大学北里研究所病院形成・美容外科
 佐藤英明先生
 PD3-2 二次的下眼瞼外反の治療
 福岡大学医学部形成外科
 大慈弥裕之先生
 PD3-3 下眼瞼変形に対する治療方針
 市立池田市民病院形成外科
 福田健児
 PD3-4 二次的下眼瞼外反症・内反症、兎眼症の治療方針
 神戸大学大学院医学研究科形成外科学
 一瀬晃洋先生
 PD3-5 二次的下眼瞼形成術
 医療法人冨士森形成外科医院
 冨士森良輔先生

 5人の先生が発表してくださいました。
      ■         ■
 さまざまな原因で生じた変形を治すのが、
 形成外科の仕事です。
 5人の先生のご発表の中には、
 他の美容外科で手術を受けた後で、
 不幸にして変形してしまった例がありました。
 どの先生も苦労して手術していました。
 下まぶたの手術は難しいです。
      ■         ■
 ちょっと取りすぎると、
 あっかんべーになります。
 取りすぎた組織(皮膚)を、
 戻すことはできません。
 変だと思った時には遅いです。
 どこで治していただくかも問題です。
 手術を受けた美容外科が倒産してないこともあります。
      ■         ■
 美容外科で失敗された下まぶたの変形、
 治すのにも費用がかかります。
 あっかんべーになっていて、
 流涙や充血などの症状があれば、
 保険で治してくれる施設があります。
 福岡大学医学部形成外科(大慈弥裕之先生)では、
 症例によっては健康保険で治してくれることがあります。
 困っている方は…
 福岡まで行って相談なさってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ