医学講座

下眼瞼変形の原因③(にきびダニ)

 第57回日本形成外科学会のパネルディスカッション、
 二次的下眼瞼形成術で、
 PD3-1 変形に対する下眼瞼形成術
 北里大学北里研究所病院形成・美容外科
 佐藤英明先生
が、
 原因不明の下眼瞼外反の患者さんを調べたら、
 下まつげにニキビダニがいたという症例を報告してくださいました。
 抗生剤の内服で治療されたそうです。
      ■         ■
 ニキビダニというのを、
 恥ずかしながら知りませんでした。
 この院長日記を書くために、
 あらためてにきびだにを調べてみました。
 特別なダニではなく、
 誰にでもいるようです。
 過剰増殖することがあり、
 その時に悪さをするようです。
      ■         ■
 原因はよくわかりませんが、
 下まつ毛が毛のう炎のようになった人を、
 一度診たことがあります。
 ちょっと睡眠不足だと話されていました。
 ひょっとすると…
 睫毛の毛根で…
 にきびダニが増えていたのかも?
 …と発表を聞いていて思い出ししました。
      ■         ■
 原因不明の眼瞼外反は、
 めったに診ることはありません。
 私が診た患者さんは若い女性でした。
 変形するまでにはなっておらず、
 手術をしなくても治りました。
 もし同じような病気で困っていらしたら、
 北里研究所病院形成外科の佐藤先生に相談なさってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ