昔の記憶

受験で先輩にエールもらった娘

 平成26年11月8日、朝日新聞朝刊、
 声の欄への投稿です。
 受験で先輩にエールもらった娘
 看護師 宮澤初美(埼玉県 41)
 娘の大学入試の会場が遠方のため、入試の前日に現地入りして大学の文化祭を見学した。娘の表情は硬く、私は緊張を和らげようと馬術部の見学に誘った。そこへ一人の女子大学生が近づいてきた。「あなたH高校だよね? 私、卒業生!」
 娘の制服を見て、話しかけてきてくれたのだ。入試が翌日と知った彼女は「私は馬術部に入ってから1度も落馬したことはない。だから、大丈夫。あなたは落ちない」。その言葉を聞いて、胸が熱くなった。娘も勇気をもらい、笑顔になった。
 その後、イベント会場に足を向けた。そこへまた、1人の女子大学生が「H高校だよね? 私もH高校だったの」。娘に1枚の紙を差し出した。「これは私が受験する時に書道の先生が書いてくれたもの。これを持って合格できた。あなたにあげるから頑張って」。紙には「やりたいことは、やらなければいけないことの向こう側にある」とあった。私はもう何も言葉が出ず、2人の姿も涙でかすんで見えなかった。
 数日後、合格通知が届いた。娘よ、合格おめでとう。来年はあなたが受験生にエールを送ろう。

      ■         ■
 合格おめでとうございます
 素敵な先輩がいる、
 素敵な大学、
 入学前から楽しみです。
 私は馬術部に入ってから1度も落馬したことはない
 だから大丈夫
 あなたは落ちない」。

      ■         ■
 なんていい言葉でしょうか。
 意味不明、
 なにそれ、
 …なんて言う人は、
 受験生の苦労を知らない人です。
 一点で合否が決まります。
 ちょっとした気持ちの持ちようで、
 合否が決まることもあります。
      ■         ■
 「これは私が受験する時に書道の先生が書いてくれたもの。
 これを持って合格できた。
 あなたにあげるから頑張って」。

 紙には
 やりたいことは
 やらなければいけないことの向こう側にある
 とあった。

 寒くなってきました。
 毎年秋になると、
 受験生だった頃を思い出します
 恩師、矢野先生のことを思い出します
 がんばれ受験生
 還暦のじいちゃんも応援しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ