医学講座

第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

 昨日と今日の2日間、
 京王プラザホテル札幌で、
 第3回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会が開催されました。
 長い名前の学会です。
 乳癌で乳房を失った患者さんへ、
 乳房を作るための学会です。
      ■         ■
 2013年7月から、
 乳房再建に使うインプラントが保険適応になりました。
 2014年1月から使えるインプラントが増えました。
 札幌美容形成外科では実施していませんが、
 保険で乳房再建を実施する施設が増えています。
 この学会には、
 形成外科医と乳線外科医が参加しています。
 2日間の学会に参加してきました。
      ■         ■
 学会に参加して、
 発表を聞いた正直な感想です。
 乳房再建は簡単ではない
 すぐにおっぱいができると思っているなら、
 正直なところおすすめしない。
 登録施設は増えていても、
 ほんとうに上手な先生は限られている。
 自分の身内だった、
 お願いできる先生は数人かな?
      ■         ■
 これは私が一人の形成外科医として受けた印象です。
 私が一番感動した発表は、
 聖マリアンナ医科大学形成外科教授の、
 梶川明義先生の発表です。
 もし自分の身内が乳癌になって、
 再建手術を希望したら、
 まず梶川先生に相談します。
 梶川先生は信頼できる先生です。
      ■         ■
 乳房再建は、
 ベテランの先生が手術をしても、
 2%くらいの確率でトラブルが起きます
 最悪の場合は、
 おっぱいが再建できなくなります。
 梶川先生は、
 他院でトラブルになった患者さんでも、
 何とか救済して、
 きれいなおっぱいを作っていらっしゃいました。
 梶川先生なら大丈夫です。
      ■         ■
 首都圏にはたくさんの大学病院があります。
 有名な大学病院だから、
 必ずしも100%いいとは限りません。
 大学病院の中には、
 形成外科専門医取得前の医師が、
 手術をするところもあるそうです。
 その大学病院の術後写真を見ると、
 とても手術を受けたいとは思いませんでした。
      ■         ■
 先生による差が大きいのも、
 この乳房再建手術です。
 2010年6月30日の院長日記でご紹介した
 ブレストサージャリークリニック
 岩平佳子いわひらよしこ先生も、
 とても信頼できる先生だと思います。
 もし乳がんになって、
 再建手術をお考えなら、
 何人かの先生に意見を聞いて、
 慎重に病院を選ぶことをおすすめします。
 数百例の手術をした先生でもトラブルはあります
 形成外科専門医取得前の先生には、
 かなり難しい手術です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ