医学講座

鼻の手術は難しい2017

 第105回日本美容外科学会
 日本人のコンプレックスは、
 目と鼻だと思います。
 私は目の手術はたくさんしていますが、
 鼻の手術はしていません。
 控えめなプロテーゼを入れる手術だけです。
 鼻翼縮小びよくしゅくしょう
 鼻尖形成びせんけいせいは止めました。
 難しいからです。
      ■         ■
 今年のJSASでは、
 鼻尖・鼻翼・鼻中隔のシンポジウムがありました。
 私が素晴らしいと思った、
 渡辺頼勝先生が座長でした
 このシンポジウムを聞いて、
 鼻翼を縮小されすぎた患者さんの修正が、
 いかに大変かよくわかりました。
      ■         ■
 同じ学会で、
 韓国美容外科学会との合同セッションがありました。
 KAASセッションです。
 Jung先生です
 韓国の鼻の先生
 鄭東學(ジョン・ドンハク)先生。
 英語表記はDong-Hak Jung先生です。
 米国形成外科学会誌PRSに掲載された症例を
 たくさん見せてくださいました。
 鼻の形成外科では世界一です。
      ■         ■
 Jung先生ほど、
 PRSに論文を書いた先生はいません。
 どれも素晴らしい結果です。
 私がすごいと思うのは、
 先生の熱意です。
 以前の学会発表は英語でしたが、
 今年は2つの発表を日本語でなさいました。
 アメブロも書いていらっしゃいます。
 台湾の学会で技術指導をしたことも伺いました。
 Jung先生の発表をお聞きしただけでも、
 JSASに参加した意義がありました。
 形成外科の先生にもJSASへの参加をおすすめします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ