医学講座

メラノーマ勉強会(6月7日)

 平成29年5月31日、北海道新聞朝刊の記事です。
 がんを防ごう
 6月7日、メラノーマ勉強会
 道内在住のメラノーマ(悪性黒色腫)の患者有志が6月7日午後2時から、「北海道のメラノーマ患者と家族のための勉強会&交流会」を、市立札幌病院(中央区北11西13)の2階会議室で開く。
 メラノーマは皮膚がんのひとつ。日本人の発症は10万人に約1.5人と少ない「希少がん」だ。
 対象者はメラノーマ患者とその家族のみ。前半は同病院形成外科の吉田哲憲医師が「大きく変わったメラノーマの治療」とのテーマで話す。近年、新薬の登場などで治療が大きく変化しているという。
後半は患者・家族が交流を深める。
 呼びかけ人の1人の谷口初江さん(札幌市)は「メラノーマは同じがんの患者と出会う機会が少なく、専門医も限られ情報も少ない。当日は有益で希望を持てる集まりにしたい」と話す。参加無料で、直接会場へ。問い合わせは、谷ロさん宛てメールsurvive2017@yahoo.co.jpで
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 悪性黒色腫メラノーマはこわい病気です。
 いわゆるほくろのがんです。
 なんちゃって美容外科医
 なんちゃって美容皮膚科医
 …が、
 一番気をつけなければいけない腫瘍です
 レーザーでホクロをじゅじゅっと焼いたら、
 悪性黒色腫だったなんて訴訟があります。
      ■         ■
 悪性黒色腫の治療が変わっています
 私が北大形成外科で病棟チーフをしたのが1985年です。
 今から32年前は、
 手術で広範囲に切除して、
 リンパ節郭清もするのが治療でした。
 北大形成外科にはたくさんのメラノーマ患者さんがいました。
 忘れられない患者さんがいらっしゃいます
 メラノーマの患者さんと家族限定ですが、
 吉田哲憲先生の講演会をおすすめします。
 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ