医学講座

注入治療の歴史と副作用

 2018年4月から
 札幌美容形成外科はヒアルロン酸注射を中止しました
 私の願いです。
 美しくなるための治療で、
 100万人に一人でも、
 鼻が壊死になる患者さんを出したくありません。
 100%安全な治療しかできません。
      ■         ■
 うさんくさい美容整形
 2014年6月11日の院長日記です。
 第102回日本美容外科学会JSAS
 サフォクリニック白壁征夫先生の特別講演
 日本における美容外科の歴史で印象に残ったのが、
 日本ほど、
 不適切な注入が行われた国はない
 …という白壁先生のお言葉です。
      ■         ■
 確かに…
 戦後の混乱期ということもあるでしょうが、
 パラフィンなど、
 注入してはいけない異物を…
 安全ですぅ…
 …と注入された例がたくさんあります。
 私が子どもの頃に、
 有名な俳優さんの顔が変形した記憶があります。
      ■         ■
 ちょっと注射して、
 シワが取れたらいいなぁ~
 誰でも思って当然です。
 私が北大形成外科でチーフレジデントをしていた、
 1984年に、
 大浦武彦教授から、
 コラーゲンの臨床試験担当者に命じられました
 当時はうしコラーゲンでした。
      ■         ■
 副作用は、
 ウシコラーゲンに対するアレルギー反応でした。
 うちの奥さんにも、
 アレルギー反応が出ました。
 コラーゲンで壊死になることが報告されたのは、
 眉間に注射したザイプラストという製剤でした。
 ザイダームという製剤より、
 長持ちするというのが売りの製品でした。
      ■         ■
 私が記憶する限り、
 コラーゲン注入剤で鼻が壊死になったり、
 失明したりした報告はありませんでした。
 ヒアルロン酸も、
 初期の頃は失明も鼻壊死もありませんでした。
 本間仮説です。
 エビデンスはありません。
 深い層に大量に注入するようになって
 鼻壊死や失明が出てきました
      ■         ■
 顔には細かな血管網があります。
 他の部位より血管がたくさんあります。
 ですから、
 ちょっと顔をケガしただけで、
 血だらけになります。
 組織を早く修復するために、
 血管網が有利に働きます。
      ■         ■
 顔には微細な表情筋があります。
 筋肉はたくさんのエネルギーを消費するので、
 エネルギーを供給するために、
 細かな血管網ができています。
 ヒアルロン酸を注射すると、
 細かな血管網の流れが悪くなると、
 (私は)
 考えています。
      ■         ■
 深いところに大量にヒアルロン酸注射を打った方は、
 ちょっと追加しただけで、
 鼻へ行く血管が閉塞することが考えられます。
 動脈だけではなく、
 静脈も閉塞します。
 そうすると、 
 鼻の皮膚がうっ血して、
 血流が悪くなって壊死になります。
      ■         ■
 外から見ただけでは、
 どの程度のヒアルロン酸が入っているかわかりません。
 ヒアルロン酸注射を何回も受けている方は、
 いつ、
 どこで、
 どんな、
 ヒアルロン酸を、
 どの程度入れたのかも覚えてません。
 大量のヒアルロン酸が入った状態で、
 追加のヒアルロン酸注射をするのが、
 一番危険です。
 何度もヒアルロン酸注射を受けた方は気をつけてください。
 ヒアルロン酸は吸収されません

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ