医学講座

裁判を避けたい美容外科の立場

 大手美容外科を相手にたたかうのは、
 弁護士さんでも大変です。
 作戦が必要です
 美容外科訴訟と弁護士さん
 美容外科の医療事故を経験した弁護士さんなら、
 美容外科の弱み
 …を知っています。
 大手美容外科は、
 訴訟を避けたいのです
 できるだけ、
 訴外で解決を望みます。
 なぜでしょうか?
      ■         ■
 もし裁判になると、
 事件番号 平成30年(〇)第〇〇〇号
 …のように事件番号がついて、
 医療事故が公開されます。
 裁判所の掲示板に、
 原告
 〇〇〇子
 被告
 医療法人〇〇会〇〇美容外科

 アクアフィリング注入感染事件
 …のように掲示されます。
      ■         ■
 裁判所には毎日マスコミが来ていますから、
 すぐに裁判を傍聴され、
 報道されるリスクがあります。
 週刊誌に狙われるリスクもあります。
 安全ですぅ
 …と莫大な広告宣伝費をかけている美容外科にとって、
 〇〇美容外科
 アクアフィリング注入による感染で集団提訴

 こんな見出しで週刊誌に載ることを一番嫌います。
      ■         ■
 大手美容外科
 …との交渉に慣れた弁護士さんなら、
 公開しないことを条件として、
 高い賠償金や手術費用を、
 大手美容外科の代理人弁護士と交渉します。
 TVにちょっとCMを出すだけで、
 1000万円の広告宣伝費がかかります。
 その広告費のことを考えると、
 内密にしてくれる
 …ことはとても価値があるのです。
 アクアフィリング被害にあった方は、
 上手に交渉してもらって、
 ガッポリ賠償金をもらってください
 2つの日本美容外科学会が推奨しない注入剤はダメです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ