二重・眼瞼下垂

手術後にまぶたが閉じない

 昨日の院長日記、
 眼瞼下垂症手術は形成外科で
 …にあっきーさんからコメントをいただきました
 親戚のおばさんが眼瞼下垂症の手術をしたら
 瞼が完全に閉じることが出来なくなったそうです。
 私はそんな手術なら受けたくないけど…
 友人が言うところによると、
 そのおばさんは、手術を受けて良かったと話しているようです。
 そのような事例はあるのでしょうか?
 また、それは、失敗ではないのでしょうか?

      ■         ■
 私が手術をする時に、
 『手術から3ヵ月程度は目が閉じにくくなります
 …と説明して手術をすることがあります。
 下垂の程度が強い人は過矯正かきょうせいと言って、
 手術直後は閉じなくなる程度に調節することがあります。
 そうしないとまたすぐに下がってしまうからです

 左右差が強い方や、
 下垂の程度が強い方です。
      ■         ■
 この過矯正を、
 【怒_失敗_怒】と見るか?
 上手な手術と見るか?
 …は難しいところです。
 過矯正で一番困るのが、
 角膜が損傷されることです。
 目が閉じないと角膜にキズがつきます。
      ■         ■
 私は手術後に目が閉じなくて問題になりそうな患者さんは、
 手術前に私が信頼する眼科専門医
 道庁前眼科の吉田篤先生に診ていただいています
 手術方法を再検討することもあります。
 他の先生が手術をして、
 一部だけ閉じなくなった患者さんも治したことがあります。
 まぶたの手術は難しいです。
      ■         ■
 手術後に一時的にまぶたが閉じないのは、
 一概に【怒_失敗_怒】ではないと(私は)考えます。
 手術前によく検討して、
 患者さんにしっかり説明をして、
 手術後にもしっかり診察をして、
 患者さんが、
 手術を受けて良かった
 …と思っているのは、
 いい手術だと(私は)思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ