医学講座

犯罪をおかした人の入院

 昨日の院長日記、
 京都アニメ放火事件全犠牲者公表
 …の続きです。
 犯罪をおかした人でも、
 入院して手術をすることがあります。
 受刑者の入院
 2008年3月27日の院長日記です。
      ■         ■
 犯罪をおかして、
 刑が確定して刑務所に入っている人は受刑者です。
 管轄は法務省です。
 受刑者を監視するのは刑務官です。
 裁判所で刑が確定する前は、
 容疑者です。
 管轄は警察署です。
 容疑者を監視するのは警察官です。
      ■         ■
 私たち病院に勤務する医師や看護師は、
 受刑者でも、
 容疑者でも、
 他の患者さんと同じように治療にあたります。
 犯罪をおかした患者さんの横には、
 刑務官や警察官がいます。
 私たちが危険な目にあうことはありません。
      ■         ■
 治療内容も同じです。
 受刑者だからいい加減な手術をするとか、
 容疑者だから手抜きの手術をするとか、
 そんなことは絶対にありません。
 むしろ、
 他の人と違う手術をすることは難しいです。
 唯一違うのは、
 他の患者さんへの影響を考えて個室を準備することくらいです。
      ■         ■
 私が勤務していた病院は個室が常に満床でした。
 最初は個室に入っていた受刑者も、
 大部屋に移っていただいたことがありました。
 容疑者の治療で違うのは、
 治療が終わったら逮捕されて、
 裁判を受けたり、
 刑務所に行ったりすることでした。
 私が治療をした容疑者の人は、
 きっと更生してくれていると信じています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ