医学講座

陥没乳頭の正しい知識

 今日は2019年10月21日(月)です。
 この院長日記をはじめたのが、
 2006年10月22日(日)でした。
 今日で丸13年続けています。
 われながらよくやったものです。
 すべてのページを数えると、
 5000弱あります。
      ■         ■
 院長日記は毎日更新していますが、
 ホームページの更新は少ないです。
 反省して、
 少しずつなおしています
 今日は陥没乳頭のページをなおしました。
 陥没乳頭に悩む人は意外と多いのですが、
 正しい知識を得ることは難しいです。
      ■         ■
 医学部でも、
 看護学部でも、
 助産師さんの大学院でも、
 陥没乳首のことはあまり教えません。
 国家試験にも出ないです。
 臨床実習で見ることもありません。
      ■         ■
 陥没乳首の女子高生へ
 陥没乳首は未婚のうちに手術
 陥没乳首のお母さんへ
 私が高校の保健体育の先生だったら、
 高校生に教えたいことがたくさんあります。
 ふつうの女の人は、
 自分のおっぱいのことはよく知りません。
      ■         ■
 高校生の頃に自分の乳首が陥没していると気づいたら、
 まず乳頭吸引器です。
 せいぜい1個600円です。
 恥ずかしくて買いに行けない!
 かんぼつしているってバレるとやばい
 心配しなくても大丈夫です。
 乳頭吸引器は、 
 ベビー用品や離乳食のコーナーにあります。
 親戚のお姉ちゃんに頼まれたふりをして買うことです。
      ■         ■
 乳頭吸引器で吸引しても、
 ひっぱっても出なければ、
 信頼できる形成外科を受診してください。
 【無料相談】の美容外科ではなく、
 初診料を払って診てもらう形成外科です。
 陥没乳首の手術が上手な形成外科
 信頼できる先生に診てもらってください。
 形成外科専門医でも、
 陥没乳首の手術をしたことがない先生もいます
20150422-1
20150422-2


手術前

手術後3ヵ月
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ