医学講座

ANA客室乗務員5000人を一時帰休

 今日は2020年3月20日(金)春分の日です。
 北海道知事の緊急事態宣言は終わりましたが
 街の人通りは少ないです。
 飛行機も減便されています。
 ANAは、
 客室乗務員の一時帰休を検討し、
 労働組合に提案しました。
 ネットで検索したニュースです。
      ■         ■
 ANA、客室乗務員5000人休業へ 新型コロナ影響、A380便拡大は維持
 By Tadayuki YOSHIKAWA
 全日本空輸(ANA/NH)は、客室乗務員の6割に当たる約5000人を対象に、一時帰休させる方針を固め、労働組合に提案した。日本経済新聞が3月19日午後6時に電子版で報じたもので、会社側は事実関係を認めた。中国から拡散した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によるもの。ANAによると、パイロットや整備士など客室乗務員以外の職種は、現時点で一時帰休の予定はないという。
 休業は1人当たり数日程度になる見込みで、期間は最長1年間を想定。開始時期は組合側と協議する。ANAには約8000人の客室乗務員がいるが、フルタイムで働いている約5000人が対象になる。
 ANAの国際線は、夏ダイヤ初日の29日から4月24日までの27日間で、計画している72路線のうち、57%に当たる58路線2630便の運休や減便を決定。羽田-ミラノ線など新路線開設も延期が決まっている。
 新型コロナの影響で、英国では地域航空会社フライビー(BEE/BE)が現地時間3月5日に経営破綻。新型コロナの影響前から経営状態が悪化していたが、資金調達が不調に終わったことに加えて、需要減少が決定打になった。
 また、海外では総2階建ての超大型機エアバスA380型機の運航を一時取り止めるなど、運休や減便とともに機材の小型化が進んでいる。ANAはA380の3号機(登録記号JA383A)を4月に受領し、6月1日からA380を成田-ホノルル線週14往復全便に投入する計画だが、同社によると19日時点で見直しは予定していないという。

 

客室乗務員5000人を一時帰休させる方針を固めたANA
=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
(以上、航空経済紙Aviation Wireアビエーションワイヤーより引用)

      ■         ■
 私がいつも利用しているANAです
 CAさんは保安要員です。
 規定の人数がいないと飛行機は運航できません。
 入社後に訓練があり、
 社内で試験もあります。
 語学テストもあります。
 簡単になれる職業ではありません。
 5000人が一時帰休は大変なことです。
      ■         ■
 他の国を見ると、
 倒産してしまった航空会社があります。
 CAさんを解雇した会社もあるようです。
 ANAでも大変なのだから、
 中小企業はもっと大変だと思います。
 一日も早く治療法が確立されて、
 新型コロナウイルスがただの風邪になってほしいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ