医学講座

東京アラート発動

 今日は2020年6月3日(水)です。
 昨夜東京アラートが発動されました。
 2020年6月3日のYahoo!ニュースです。
 感染者34人で東京アラート発動 病院で集団感染“第2波”へ警鐘
 東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人確認され、都民に感染拡大の警戒を呼び掛ける「東京アラート」の発動を発表した。1日で30人超は、5月14日以来、19日ぶり。小池百合子知事は、「感染者の一定数が、夜の街関連だ」と注意を呼び掛けた。休業要請緩和に関する3段階のロードマップで1日から移行した「ステップ2」の段階は維持する方針。「東京アラート」発動に伴い、レインボーブリッジと都庁舎が赤色に切り替わった。
 都は2日夜、新型コロナ対策本部会議を開き、夜の繁華街や既に感染者が出ている病院を中心に感染拡大の兆しがあるとして、「東京アラート」を初めて出すことを発表した。
 都によると、2日までの1週間で判明した新規感染者計114人のうち、夜の繁華街が感染源とみられるのは32人で3割近くを占める。うち半数近くは国内有数の繁華街・歌舞伎町などを抱える新宿エリアで、ガールズバーやホストクラブなどで感染が確認されている。
 現在、都では休業要請などの緩和を「ステップ2」まで進めているが、接待を伴う飲食店などは緩和対象には含まれていない。ただ、応じずに営業している店舗も多く、小池氏は「夜の街など3密のリスクが高い場所には十分注意をしていただきたい」と呼び掛けた。
 都によると、週単位で比較した陽性者数は前週の2倍強で、直近7日間平均での感染経路不明率は50%。いずれもアラート発動の目安に到達している。1日当たりの新規感染者は7日間平均で約16.3人で、基準値を下回った。小池氏は、今回のアラート発動について、「現在の『ステップ2』から『ステップ1』に戻すものではなく、(新規感染者が)30人を超えたということで、警戒を呼び掛けるものだ」と説明している。
 この日確認された感染者34人のうち、5人は夜の街での感染が疑われる若い世代で、13人が武蔵野中央病院(小金井市)の患者らだった。夜の街と病院関連でこの日の感染者の半数以上を占めた形。
 同病院では、転院後に感染が確認された患者を含め、感染者は計32人となった。都内の感染者数は累計で5283人に。80代の男性の死亡も確認され、死者の累計は306人となった。
 都は午後11時から、東京湾のレインボーブリッジや東京都庁を赤色に切り替え、警戒を促した。アラートの解除については、都が示す新規陽性者数など7つの指標や、医療態勢などを勘案して判断するとしている。

 東京アラート
 東京都内で新型コロナウイルスの感染が再拡大する兆しがある場合、都が発表して警戒を呼び掛ける独自の政策。休業要請緩和の指標としても使われた直近7日間平均の新規感染者数や感染経路が不明な割合、週単位の陽性者増加比の数値に目安を設け、医療態勢なども考慮して発表するかどうかを判断する。さらに感染が拡大した場合は再び休業要請に進む。アラートが出されている期間中は東京港に架かるレインボーブリッジが赤色にライトアップされる。

緊急事態宣言の解除や休業要請などの緩和措置に伴い懸念されていた“感染の再拡大”に警鐘が鳴らされた。
(以上、Yahoo!ニュース、スポーツ報知より引用)

      ■         ■
 やっぱり出たか…?
 …という思いと、
 院内感染は病院のせいじゃないけど、
 夜の街はなぁ~
 …というのが私の思いです。
 夜の街の人たちにも生活があるし
 どうやって感染拡大を防ぐのか?
 難しい問題です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ