医学講座

ばあさん心臓弁膜症になる

 2020年2月からサービス付き高齢者向け住宅にお世話になっている、
 私の母親、本間瑞子92歳が心臓弁膜症になりました。
 昨日、お世話になっている病院の先生から電話がありました。
 お母様の心臓がかなり悪化しています
 循環器内科の先生に心エコーをしてもらったところ、
 突然死の可能性がある
 …と連絡がありました

 主治医の先生が困っています。
      ■         ■ 
 実は、
 2020年3月の心臓エコー検査で見つかっていました。
 私:心臓が悪いから治療した方がいい
 ばあさん:もうどんな治療も受けたくない
  どうなってもいいから治療は受けない

 私の母親だけあって、
 超がんこです。
 北海道弁でめんこくないと言います。
      ■         ■
 主治医の先生から直接私に電話をいただいたので、
 今日午前中に病院に行き、
 循環器内科の先生からお話しを伺いました。
 病名は大動脈弁狭窄症です。
 2020年3月に受けた心エコー検査より、
 かなり悪くなっているようです。
 【重度の大動脈弁狭窄症】と説明を受けました。
 循環器内科の先生が丁寧に説明をしてくださっているのに、
 ばあさんは治療は結構です
 かたくなに拒否です。
      ■         ■
 私の母親だけあって、
 筋金入りのがんこばばぁです。
 あ~めんこくない
 循環器内科の先生に申し訳ございませんです。
 私:あんたね~
 夏でも足が冷たいって言って、
 電気足温器を使ったり、
 足がしびれて眠れないって言ってるでしょ!

      ■         ■
 突然死しても本望です
 …と言っているうちのばあさんも、
 足が冷たいのとか、
 足がしびれるのはつらい症状です。
 がんこなばあさんを無視して、
 循環器内科の専門病院にかかることにしました。
 検査をしていただき、
 治療をするのかどうかわかりませんが、
 突然死よりも、
 足がしびれるのがつらそうなので、
 何とか治療をしてもらおうと息子の私は考えています。
 主治医の先生、循環器内科の先生、
 ほんとうに申し訳ございません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ