わきが

わきがを手術で治す2020

 今日は2020年6月23日(火)です。
 昨日の院長日記、 
 わきが診断2020に、
 さくらんぼさんから、
 コメントをいただきました
 わきがも奥が深いですね
 その通りです。
      ■         ■
 えりーさんから
 いただいたコメント
 においは心の病にも繋がり日常生活にも支障が出てしまう
 これもその通りです。
 わきがで悩む人は意外と多いのです。
      ■         ■
 厚生労働省が認めたわきが治療は、
 手術だけです。
 K008腋臭症手術
 ①皮弁法_6,870点
 ②皮膚有毛部切除術_3,000点
 ③その他のもの_1,660点

 3種類の手術法が記載されています。
 実際に行われているのは、
 ①皮弁法だけだと思います。
      ■         ■
 ある形成外科の先生が学会で発言されていました。
 腋臭症手術は、
 においを無くそうと、
 アポクリン腺を切除すればするほど、
 攻めればせめるほど、
 創傷治癒が悪くなる。
 医局員から、
 『先生、この手術はやめましょう!』
 …と言われたと、、、
      ■         ■
 もっともな意見です。
 アポクリン腺を切除して、
 脇の皮膚が薄くなると、
 治りが悪くなります。
 血流が悪くなるからです。
 血流が悪くなった皮膚を、
 上手に治すのが形成外科医です。
      ■         ■
 全層植皮くらいに皮膚を薄くして、
 そこを上手に治して復活させる必要があります。
 簡単な手術ではありません。
 術後のケアーが大切になります。
 だれにでもできる簡単な手術ではないので、
 形成外科医が活躍できると、
 私は考えています。
 保険診療にこだわって手術を続ける理由です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ