医学講座

車の構造と顔のケガ2020

 昨日の院長日記、
 Vanishing Professions 消えゆく職業
 …で考えてみました。
 私が形成外科医になって40年です。
 少なくなった形成外科手術は、
 交通事故の顔のけがです。
 顔にたくさんのキズできる事故が減りました。
      ■         ■
 自動車の安全面が変化しました。
 一番の原因は自動車ガラスです。
 昔の車は、
 部分強化ガラスというガラスでした。
 衝突すると、
 こなごなになりました。
 この小さなガラス片が顔にたくさんのキズをつくりました。
      ■         ■
 私たちは、
 キズからガラスを一つひとつ丁寧に取り出しました。
 今の車は、
 合わせガラスです。
 衝突しても粉々になりません。
 義務化されています。
 これが顔のケガが減った原因です。
      ■         ■
 40年前はシートベルトも2点式でした。
 今は3点式シートベルトです。
 後部座席にもついていて、
 義務化されています。
 これでケガが減りました。
 せっかくの安全設備なので、
 面倒だと言わずにしっかりつけていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ