医学講座

札幌の新型コロナ全国最悪

 今日は2020年11月21日(土)です。
 札幌は雨です。
 自転車はあきらめました。
 札幌が全国で一番感染者数が増えているようです
 せっかくのホワイトイルミネーションも、
 見に行く人がいません。
 このまま感染拡大が続くとまずいです。
      ■         ■
 今日は札幌市手稲区の
 手稲渓仁会病院ていねけいじんかい病院で
 新たにクラスターが発生したと発表されました。
 感染者は入院患者9人と看護師ら職員4人の計13人。
 複数の病棟で感染者が確認されています。
 手稲渓仁会病院にはドクターヘリもあります。
 渓仁会病院が救急患者の引き受けや、
 定期手術をやめると大変です。
      ■         ■
 2020年11月21日、北海道新聞電子版の記事です。
 道内コロナ304人 最多更新 知事、3連休の慎重行動要請
 道などは20日、道内で新たに304人が新型コロナウイルスに感染し、2日連続で過去最多を更新したと発表した。300人を超えたのは初めてで、3桁は16日連続。札幌市発表分は191人(4人は居住地非公表)だった。鈴木直道知事は21日からの3連休について、道民に「感染リスクが回避できるか迷う場合は、不要不急の外出や札幌との往来を避けてほしい」と慎重な行動を求めた。
 また、札幌市は80代男性、旭川市は年代性別非公表の感染者の死亡を発表。道内の死者は143人になった。
 道内の感染者の累計は6660人(実人数)。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は31.03人と過去最多となり、東京の18.92人、大阪の21.27人と比べ突出している。
 知事は現状について道庁で記者団に「極めて厳しい。診療や救急医療に支障が生じかねない」と危機感を表明。入院患者は19日現在で718人に上り、医療提供体制の逼迫ひっぱくが強まっている。
 クラスター(感染者集団)は1日当たり最多の7件を確認。札幌の医療法人タナカメディカル札幌田中病院(手稲区)では、市の発表では40~100歳代の計46人の感染にとどまるが、同院は21日、職員11人、患者56人の計67人が感染したと明らかにした。
 連日の最多更新を受け、道は3連休などの感染状況を見極めた上で、全道の警戒ステージを1段階高い「4」に引き上げることも含めて検討する。(古田夏也、佐藤愛未)

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 タナカメディカルグループは、
 札幌市内でもトップクラスの医療法人です。
 高齢者向け病院や施設を運営しています。
 北海道のTVでは、
 タナカメディカルグループのラベンダーのきれいなCMが流れます。
 高齢者が感染すると重症化し亡くなるケースが増えます。
 大変なことです。
 南区の特別養護老人ホームでも感染拡大が続いています。
      ■         ■
 上のグラフを見ると、
 11月に入ってから、
 あっという間に300人台になっています。
 寒くなって換気が不十分なのもあると思います。
 春と比べると、
 検査数が増えているのも考えられます。
 とにかく何とかコロナを収束させたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ