医学講座

間違った性の知識

 今日は2020年12月12日(土)です。
 警察は乳児遺棄容疑の母を保護すべき
 中高生に無料で妊娠検査
 どちらも産婦人科の先生が、
 少しでも不幸な妊娠を防ぎたい、
 女性を助けたいという願いで行っています。
 産婦人科医師として立派だと思います。
      ■         ■
 望まない妊娠
 予期しない妊娠
 …は昔からありました。
 ネットが発達した現在が昔と違うのは、
 スマホさえあれば、
 キーワードを入れて検索できることです。
 間違った情報を得てしまうこともあります。
 正しい情報か間違った情報か、素人にはわかりません。
      ■         ■
 性教育に指導、現場困惑 「避妊と言わず、生徒学べるのか」
 2018年4月7日の院長日記です。
 高校生を対象とした性知識アンケート
 2016年、
ピルコン調査
・腟外射精は有効な避妊法である 正解× 正答率35%
・月経中や安全日の性交なら妊娠しない 正解× 正答率38%
・低用量ピルは女性が正しく服用することでほぼ確実に避妊できる 正解〇 正答率17%
・ピルでは性感染症を予防できない 正解〇 正答率36%

      ■         ■
 高校生の保健体育で教えるべきだと思います。
 今は若い人の梅毒が増えています。
 医学が発達しても、
 ちゃんと教育をしないと望まない妊娠は減りません。
 赤ちゃんを遺棄させないように、
 妊娠しないようにする教育が必要です。
 コロナでそれどころではありませんが、
 私は大切なことだと思っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ