医学講座

数年に一度の猛吹雪2021

 今日は2021年2月16日(火)です。
 昨日は雨が降りました。
 札幌市に暴風雪警報が出ました。
 今朝は風はありませんでしたが、
 雨か雪が多くなるという警報です。
 気をつけます。
      ■         ■
 2021年2月16日、北海道新聞朝刊の記事です。
 道内16日から大荒れ 気象台「数年に一度の猛吹雪」
 急速に発達する低気圧の影響で、道内は16日から17日にかけて、広範囲で大荒れとなる見通しだ。札幌管区気象台などは石狩、宗谷、留萌など日本海側で16日は「数年に一度の猛吹雪となる見込み」として、暴風雪や高波、吹きだまりによる交通障害に警戒し、外出を控えるよう呼び掛けている。
 気象台によると、二つの低気圧が日本海側と太平洋側から発達しながら接近。太平洋側東部では16日未明から暴風や高潮に、日本海側や太平洋側西部では16日朝から暴風雪となる。その後、二つの低気圧はサハリン沖で合体して南下し、再び道内を通過する見通しで、17日も日本海側を中心に風雪が強まる。
 16日の最大瞬間風速は、太平洋側東部の海上で45メートル、日本海側と太平洋側西部の海上で40メートル、その他の陸上で35メートルと予想する。波も高く、太平洋側と日本海側南部で8メートルに達する見込み。17日正午までの24時間降雪量は日本海側の多いところで50センチ、太平洋側で40センチとなる可能性がある。
 気象台と開発局などは15日、暴風雪に対する緊急発表を行った。暴風雪による車の立ち往生や高潮による低い土地の浸水が発生する恐れがあり、「不要不急の外出を控えて」と呼びかけた。(金子文太郎)

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 私が思い出すのが、
 亡きお父さんを思い…励ましに感謝
 2013年3月2日の暴風雪で、
 オホーツク管内湧別町の岡田幹男さん=当時(53)が亡くなった事故です。
 車で帰宅途中に暴風雪に見舞われ、
 視界のきかない中で遭難。
 翌朝、農業用倉庫の前で
 幹男さんが夏音さんにかぶさるように亡くなっているのが見つかりました。

      ■         ■
 お父さんがお嬢さんを守ったのです。
 TVドラマの北の国からでは
 主人公の黒板五郎さんを、
 吹雪の中で、
 犬が守ったシーンがありました。
 地元の人でも遭難します。
 本州からいらした方はくれぐれも気をつけてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ