医学講座

術後2年

 わきが手術をなさって2年後の患者様がレーザー脱毛にいらしてくださいました。『先生、おかげさまで脇はとってもキレイになりました。是非見てください!』と言っていただきました。私が見ても、職員が見てもキズがどこにあるかわからない位キレイでした。
 写真を撮らせていただき、ご本人からご快諾をいただきましたのでHPで紹介させていただきます。患者様は看護師さんで、臭いの他に白衣の黄ばみや、自宅に白衣を持ち帰って洗濯するのが苦痛でした。
 2年前に一週間の夏休みを利用なさって手術を受けました。術後一時的に手術した部位が赤くなったり、硬くなったりして治療をしましたが、その後は順調でした。お薬をつけてのマッサージを約半年間続けました。
 この方はワキガの範囲が7.5×15㎝と標準的で、経過も良かったのでキズがまったくといっていいほどわからなくなりました。2年間の間に寿退職され、お医者さんとめでたくご結婚なさったそうです。ご主人の先生にも手術のことは話されたそうですが、ご主人が見てもキズはわからなかったそうです。
 わきが手術の経過は個人差が大きく、全員がこのような経過をとるとは限りません。キズが残って何年も経過をみている方もいらっしゃいます。その方の遺伝的な体質によりケロイドになる方もいらっしゃいます。
 この患者様がおっしゃるには、白いものを安心して着られるようになり、試着にもビクビクしなくなったそうです。
 札幌美容形成外科では、わきが手術を原則的に保険適応でしかお引き受けしておりません。保険で手術しても、しっかり治療すればキレイに治ります。私や職員にとっても嬉しい知らせでした。


わきが手術2年後 ←がキズです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ