院長の休日

健康優良爺、賞もらう

 平成23年2月19日、朝日新聞朝刊、
 【男のひといき】への投稿です。
 健康優良爺賞もらう
 時々、今の私自身について自問することがある。
 「幸せすぎるのでは」と思うのだ。
 まず、この年齢にして働ける職場が現実にあるということ。私の妻もパート勤めをしており、2人してすこぶる健康だ。
 そして、働き終えて帰宅したとき、2人の孫が我先に飛びついてくる瞬間があること。仕事疲れもどこへやら。ひとときの幸せを覚える。
 昨年の暮れに、孫と娘夫婦からクレヨンでの手書きの賞状を受けた。その名も「健康優良爺賞」である。記念品として、ビール一箱ももらった。
 定年後も働き続け、風邪の神も私には近寄らず、まったくの健康老人だ。国民健康保険も払い放しで、自分では医療費を使ったことはほとんどない。微々たる金額だが、社会貢献していると自負している。
 私は幼少の頃から、職業軍人だった父から、健康の秘訣をたたき込まれた。小学校時代、健康優良児として表彰され、わんぱくそのものだったことが脳裏によみがえる。
 だから字は「児」から「爺」へと変わっても、この賞状は特にうれしい。
 孫と遊ぶのではなく、遊ばれている私。これからも幸せなひとときを続けるためにも、健康に努力すると同時に、脳活に不可欠な新聞とにらめっこすることを心がけたい。
 (岐阜県各務原市 吉田光司 会社員 70歳)
 (以上、朝日新聞から引用)
      ■         ■
 実にうらやましいお話しです。
 私は健康優良児どころか、
 健康不良児でした。
 病気ばかりしていました。
 子どもの頃に入院もしました。
 わんぱくではなく、
 いじめられっ子でした。
      ■         ■
 自分でもよく医者になったものだと思います。
 70歳でも現役で働かれ…
 お嬢さんご夫妻と同居?されて…
 帰宅されると…
 お孫さんが飛びついてくるなんて…
 私の周囲にはなかなかありません。
      ■         ■
 幼少の頃から、
 職業軍人のお父様に、
 どんな健康の秘訣を…
 たたき込まれたのかわかりませんが、
 いつの時代でも、
 健康が一番大切です。
 私も健康優良じいになりたいです。

“健康優良爺、賞もらう”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    私も羨ましいです。子供の頃から 病気ばかりで 40過ぎてからも 病気ばかり、、 もう孫もいる同級生もたくさんいますが、 こればかりは 、、、、。 せめて 健康な体が欲しいのですが、、 はあ〜(´Д`)です

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ