院長の休日

当直中「まさか」勝沼栄明先生

 平成24年12月17日、北海道新聞夕刊の記事です。
 当直中「まさか
 比例14位当選医師・勝沼氏
 衆院選比例代表道ブロックでは、自民党新人の勝沼栄明(かつぬましげあき)氏(38)=札幌市中央区=が比例単独の名簿14位という下位ながら、小選挙区で同党の重複立候補者11人全員が勝利したことで比例の3議席目に入った。本人も「まさか通るとは思っていなかった」という想定外の当選だった。
 高松市生まれで北大医学部卒の形成外科医。札幌市中央区のクリニックで院長を務め、投開票日の16日朝から17日早朝までは、月4回ほど出張している三笠市の病院で当直勤務に当たっていた。
 診察などを一通り終えた後、17日午前0時すぎに病院の控室でテレビの開票速報を見て、当確を知った。「大変なことになった」と、事の大きさに気持ちが高ぶった。直後から、支援者らから祝福の電話が相次ぎ、そのまま眠らず朝を迎えた。
 喜びに浸る間もなく、午前10時半には札幌のクリニックに戻り、手術に臨んだ。
 政治を志したきっかけは、2009年の民主党政権誕生だった。「聞こえはいいが、実現困難な公約ばかり。日本はおかしくなる」と思った。
 「当選は天命かもしれない。患者の話に耳を傾けるように国民の声を聞き、増大する医療費対策などに取り組みたい」と力を込めた。

 
 

病院で当直勤務中に当選を知り、白衣のまま抱負を語る勝沼栄明氏
=12月17日午前6時30分、三笠市

 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 北海道新聞社が、
 勝沼先生に好意的な表現で記事を書いてくださり、
 形成外科医として感謝しています。
 形成外科医、
 美容外科医、
 美容形成外科医、
 世間には私たちを冷たい目で見る人がいます。
      ■         ■
 特に美容の二文字が入っていると…
 なんとなくうさんくさいと思われます。
 実際うさんくさい美容外科医もいます。
 私自身が…
 うさんくさいと思っていたこともありました。
 美容外科は虚飾の外科か?
 …と考えたこともありました。
      ■         ■
 ある先輩が、
 『勝沼、選挙に勝つなら…』
 美容外科医院長の…
 美容を取れ…
 …と言っていました。
 先輩も苦労なさったので…
 勝沼先生のことを思っての発言でした。
      ■         ■
 昨日の院長日記にも書いたように…
 勝沼先生は働き者です。
 土日は地方に当直のアルバイトに行っていました。
 形成外科はそんなにもうかりません。
 私もよく当直のアルバイトに行きました。
 大学の形成外科の先生は…
 老人病院の当直に行っています。
      ■         ■
 美容外科医として働くのも大変です。
 形成外科医でも…
 簡単に美容外科医にはなれません。
 苦労して美容外科の技術を習得します。
 昨日も書いたように…
 勝沼先生は苦労人です。
 比例単独で当選なので…
 これからがんばって評価されなければ…
 次の選挙ではどうなるかわかりません。
 彼なら公約を守って日本を取り戻してくれます。
 身体に気をつけてがんばってください。

“当直中「まさか」勝沼栄明先生”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    形成外科医師は辞めることになるのは残念ですが、形成外科の事をもっと知っていただくためにも頑張ってください! 民主党は介護職の賃金をあげると言っていたのにまったくあがってないので 公約は実行してくださる議員になってください、

  2. なっちゅん より:

    道新に掲載されたんですか!!
    やりましたね♪
    これはかなりの購読者がいますよ。
    偏見もなくなっていくでしょう。

    私も下垂の手術をするまでは美容整形に反対でした。
    でも自分の目を取り戻すチャンスを本間先生が下さって、変わりました。

    美容整形がカミングアウトされるような、時代がくるといいですね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ