院長の休日

海外からの観光客

 昨年の登別温泉も…
 今年の富良野も…
 昨日行ったニセコも…
 海外(特に中国)からの観光客が…
 たくさんいらしてました。
 ホテルの従業員にも、
 中国語の人がいました。
      ■         ■
 これからの日本は、
 中国からたくさんのお客様にいらしていただき、
 日本でお金を使っていただかないと…
 温泉地も…
 観光地も…
 経営が成り立たないようです。
 海外からのお客様を…
 大切にする必要があります。
      ■         ■
 中国や韓国の人は、
 一見、日本人と区別がつきません。
 言葉を聞いて…
 あぁ…中国の人?
 とわかります。
 残念なことに…
 中国の言葉と、
 台湾の言葉の違いが、
 私には聞き取れません。
      ■         ■
 韓国の人と、
 北朝鮮の人の言葉も、
 差がわかりません。
 日本だったら…
 沖縄の人かなぁ~?
 九州の人かなぁ~?
 関西の人かなぁ~?
 名古屋の人かなぁ~?
 …と言葉で想像がつきます。
      ■         ■
 温泉の入り方について…
 日本語、
 中国語、
 韓国語、
 英語で、
 細かく指示が書いてありました。
 私が見た限りでは、
 マナー違反はありませんでした。
      ■         ■
 洗い場の使い方で、
 周囲の人にお湯がかからないように注意しましょう。
 使い終わったら、
 次の人のために、
 泡を流しておきましょう。
 と書いてありました。
 日本人でも、
 自分が使った洗い桶の湯を、
 そのままにして帰る人がいます。
      ■         ■
 私はきれい好きなので、
 必ず、
 桶の湯を捨てて、
 椅子も揃えて、
 シャンプーやボディーソープも、
 きれいに並べて帰ります。
 次に使う人が、
 気分よく使えるようにするのが、
 最低限のマナーだと思います。
 無頓着な人を目にすると残念に思います。
 日本の美しいルールです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ